ここから本文です

GK川島永嗣、PSG支配率は脅威の”8割”…後半ATの失点に同情するメディアも

4/19(水) 7:20配信

フットボールチャンネル

 現地時間18日にリーグアン第31節の試合が行われ、メスはホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し2-3の敗戦を喫した。この試合でメスに所属する日本代表GK川島永嗣がリーグデビューを飾っている。

5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

 英メディア『BBC』が公開しているデータによると、PSGのボール支配率は脅威の78%だったとのこと。メスは21%しかなく、ほとんど相手にボールを回される展開となっていた。また、被シュート数は18本で、そのうち枠内に飛んだシュートは6本だったという。対するメスは枠内シュート2本で2ゴールを決めていた。

 この状況にポーランドメディア『sportowefakty』は「信じられないほど興奮した」とタイトルをつけ、後半アディショナルタイムにブレーズ・マテュイディの決勝点を許した場面に関しては「川島は不幸を避けるチャンスがなく、介入する機会もなかった」と語り、一歩も動けなかった川島を同情するコメントを残している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)