ここから本文です

CL通算100得点の金字塔を打ち立てたC・ロナウド ファンに異例リクエスト「ヤジ飛ばさないで」

4/19(水) 9:42配信

Football ZONE web

バイエルン戦でハットトリックも、ファンとの確執はいまだに続く

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)史上初の通算100ゴールを決めたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、ファンとの確執はいまだに続いているようだ。現地時間18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝レアル・マドリード対バイエルンの第2戦でハットトリックを達成して4強進出に貢献したロナウドだが、地元テレビ局「アンテナ3」のインタビューで「ベルナベウのファンは僕にヤジを飛ばさないでほしい」と異例のリクエストをしている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 この日のレアルはPKでバイエルンに先制点を許すなど苦しい展開となった。しか後半31分、右サイドに流れたMFカゼミーロのアーリークロスに対し、センターバックの裏を取ったロナウドがダイビングヘッドで合わせて貴重なゴールを決めた。

 その後バイエルンが2点目を決めたことで延長戦にもつれ込んだが、そこで主役となったのはロナウドだった。延長前半14分にオフサイドポジションながらも勝ち越し点を決めると、延長後半4分にもドリブル突破したマルセロのお膳立てから、無人のゴールに流し込んでこの日3点目を奪い、試合を決定づけた。

 第2戦4-2、合計スコア6-3で、この2試合5点と固め打ちだったロナウドはレアルの4強進出を果たす立役者となった。「今夜はマドリードが上回ったのは間違いないよね。バイエルン相手に(2戦で)6得点を挙げるのは簡単じゃない。後半には2点を許して苦しんだけど、結果には満足しているよ」と話すと同時に、こんな言葉も口にした。

「僕がゴールを取れないとしても…」

「僕はただ、ベルナベウのファンに決してヤジを飛ばしてほしくないと言いたいんだ。自分はどんな試合でも全力を尽くそうとしていて、たとえ僕がゴールを取れないとしても、チームのために働こうとしているのだから」

 ロナウドに対して、本拠地サンチャゴ・ベルナベウの一部ファンが、心ないヤジを飛ばすのが“慣例化”しつつあり、かつてクラブに在籍したGKイケル・カシージャス(現ポルト)や現守護神のケイラー・ナバスらが擁護している。

 ロナウドは「僕はポジティブなことだけを考えている。チームは上手くいっているし、ゴールについても幸せだ」とも話した。しかしCL通算100ゴールという金字塔を打ち立てたにもかかわらず、厳しい言葉が浴びせられるような状況は、今後も続いてしまうのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/19(水) 9:44
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新