ここから本文です

CLユーベ戦逆転に最低4点必要なバルサ監督 “奇跡の再現”予告「攻撃、攻撃、攻撃あるのみだ」

4/19(水) 17:10配信

Football ZONE web

敵地第1戦で良いところなく0-3で完敗 エンリケ監督はファンに共闘呼びかける

 バルセロナは現地時間19日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ユベントスとの第2戦に臨む。先立って行われた第1戦では0-3の完敗を喫し4強進出が厳しくなっているが、ルイス・エンリケ監督はCL史に残る大逆転を果たしたパリ・サンジェルマン(PSG)戦に続く逆転予告をしたとスペイン紙「スポルト」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 バルサはユーベとの敵地第1戦で、相手エースFWパウロ・ディバラに2得点を決められるなど攻守に全く良いところなく3失点、アウェーゴールも持ち帰れずに90分間を終えた。セリエAで6連覇中のイタリア王者に対して最低でも4点以上のゴールが必要となるが、ルイス・エンリケ監督はこう語った。

「私たちの目標は5ゴールを取ることだからね。攻撃、攻撃、攻撃あるのみだ。自分たちがリラックスできれば、再び攻め切ることができる。もし最初のゴールを我々がマークすれば、カンプ・ノウは2点目、3点目をもたらしてくれるだろう」

 指揮官が具体的なゴール数を挙げたのは“ゲン担ぎ”の部分もあるかもしれない。決勝トーナメント1回戦PSGとの第1戦で0-4の大敗を喫したバルサは勝ち抜けが絶望と見られたが、第2戦を前にした会見で指揮官は「PSGが4点を奪った。ならばバルサは6点挙げられるだろう」と話し、実際に6-1のゴールラッシュを見せて逆転で勝利した。その奇跡を再び、約9万8000人が詰めかけるカンプ・ノウのファンとともに実現しようとしている。

「歴史的な夜を経験するチャンス」

「我々は最後までトライし続けるし、歴史的な夜を経験する別のチャンスに恵まれている。我々は最後までできる限りのことをするし、3分で3ゴールを奪う状況もすでに見ている。95分間まで、我々はともにある」

 前後半90分だけでなく、アディショナルタイムまで共闘を呼び掛けた。FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールの「MSNトリオ」の爆発が逆転劇への絶対条件となるなかで、バルサは再び奇跡を起こせるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/19(水) 17:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新