ここから本文です

下部組織同士の“ミニ・クラシコ”でハプニング 試合後にバルサが謝罪、レアル監督は敵将に敬意

4/19(水) 23:20配信

Football ZONE web

レアル得点後、バルサの選手がキックオフして無人のゴールへシュート

 今週末に行われるリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリードとバルセロナとの「エル・クラシコ」は今季リーガの覇権を争う大一番として世界中から大きな注目を集めている。そんななかで両クラブの下部組織同士で戦った「ミニ・クラシコ」で、ちょっとした騒動が起きたとスペイン紙「スポルト」が伝えている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ハプニングが起きたのは4月14日から16日まで行われた「ペララーダ・フットボール・トーナメント」という大会でのこと。11~12歳の選手たちが所属する「アレビンC-D」で直接対決し、永遠のライバル同士となる両雄が火花を散らした。

 そのなかで第2ピリオドの24分、先制点を奪ったのはレアルだった。子供とはいえ宿敵バルサからのゴールは非常に嬉しかったらしく、GKを含めた全員がバルサ陣内のコーナー寄りに集まって喜び合った。しかしこの際、センターサークル内にレアルの選手がいなかったとしてバルサの選手がキックオフし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。

 このプレーに対して試合を裁いた主審はゴールを認めず、キックオフをやり直しするように命じた。無人のゴールに決めたバルサ側、喜びすぎたレアル側ともに少々バツが悪そうな様子だったが、試合後バルサはレアルに対して謝罪したという。

レアル下部組織監督がツイッターで発信

 これに対してレアルの下部組織の監督を務めるダニ・グインドス氏は自身のツイッターで以下のように発信している。

「着ているユニフォームが何かという前に、自分たちは人間である。今日の試合に関しては我々のもので、また別の時は彼らのものになるだろう。そして偉大な監督で人間的にも優れている(バルサ指揮官の)ダビド・サンチェスに敬意を称したい」

 結果的にはお互いがスポーツマンシップの大事さを学ぶことになった。果たしてトップチーム同士のクラシコは、激しくもフェアな戦いとなるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/20(木) 9:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新