ここから本文です

サッカー史上最高額の137億円で移籍成立か? 古巣がプレミア得点王に興味

4/19(水) 21:00配信

フットボールチャンネル

 エバートンはベルギー代表FWロメル・ルカクの移籍金を1億ポンド(約137億円)と設定してるようだ。18日付けの英紙『リバプール・エコー』が報じている。

最高額はブラジル代表MFの73億円、16/17冬の移籍金トップ10

 記事では、ルカクは来季以降チャンピオンズリーグでプレーしたいという希望を持っていると伝えている。また、エバートンのロナルド・クーマン監督は「彼は契約延長をしないことを私に申し出た」とコメントしており来季の移籍の可能性は高くなっている模様だ。

 そんな21歳のストライカーに対し多くのビッグクラブが興味を示している。なかでも2011/2012シーズンにプレーしていた古巣のチェルシーはルカク獲得に本腰を入れているようだ。

 なお、エバートンが要求する移籍金が支払われた場合、昨季にマンチェスター・ユナイテッドがポール・ポグバ獲得の際、ユベントスに払った9200万ポンド(約130億円)を超え史上最高額となる。

 果たして今年の夏の移籍市場で昨季以上のビッグディールが実現するのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)