ここから本文です

橋下徹「北朝鮮危機!日本はミサイル攻撃を甘受できるか?」

プレジデント 4/19(水) 11:15配信

■究極的には「北の核保有」にも腹を括れるのが日本だ

 4月16日、日曜日。この原稿を書いている真っ最中、北朝鮮情勢が相当なレベルで緊迫している。連日、北朝鮮情勢が報道され、専門家と称する者が情勢分析をしているが、どれもこれも心もとない。

 彼ら専門家は、北朝鮮近海に配備されたアメリカの原子力空母カール・ビンソンの装備や北朝鮮が懸命に開発しているミサイルがどんなものなのか、北朝鮮の軍事パレードにはどんな意味があるのかなどなど、物知り情報の提供ばかり。

 その他には外務省OB宮家氏の「トランプ氏は予測不可能だ。日本は準備しておかなければならない」って、どうでもいい当たり前の見解や、これまでの経緯の振り返り。今もテレビを見ていたら北朝鮮がミサイルを発射したとの速報テロップが流れてきた。それを受けての専門家の意見も、だから何なんだよ、というものばかり。

 専門家も混乱しているね。今のこの状況で客観的な物知り的な情報提供ばかりやっていても意味がない。とは言え、じゃあどのような発信をすべきなのか。

 今、北朝鮮問題について論じている専門家の議論・意見を聞いていると、ゴールに向けた道筋が全くない中、つまり「レールくじ」がない中、手当たり次第に分岐点をバラバラに置いて、それぞれの分岐点について左右どちらに進むのかの判断をしているようなもの。分岐点と分岐点がつながっていないので、個別に左右の判断を下してもゴールにも辿り着けない。こんな状況だね。

 では、今回の北朝鮮問題においてまず判断を下さなければならない分岐点、つまり核心的問題点は何か。それは「世界秩序の安定のために日本がミサイル攻撃を受けることを甘受できるかどうか」という問いである。ここのスタンスを決めない限り、物知り知識を披瀝するか、場当たり的な意見しか言えなくなる。

 僕の判断を先に言ってしまうと、「世界秩序の安定のために今日本がミサイル攻撃を受けることは甘受できない」というのが僕のスタンス。ゆえにこのスタンスが全ての判断の軸になってくるんだ。だから究極的には北朝鮮の核保有を認める結論にもなる。弱腰だと言われようがこれが持論だ。口だけで威勢のイイことは言えない。

 その代わり、今話題の日本の敵基地攻撃能力を高め、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」としている非核三原則の「持ち込ませず」をとりあえず削除。その上でドイツ・イタリアでもやっているアメリカとの核シェアみたいなものを検討する。集団的自衛権についてもさらなるレベルアップを考える。

 つまり北朝鮮の今の状況で北朝鮮を叩くことは避け、日本の自衛力を高める、という結論になってくる。これは北朝鮮が核保有することを甘受することも含む。

 このような持論になるのは「今の段階で日本がミサイル攻撃を受けることは絶対に避けるべきだ」という核心的問題点へのスタンスを固めているため。だから、北朝鮮に核保有を認めるのか!  と問われても、いくらでもきちんと反論できる。逆にそういう奴らには、じゃあ日本がミサイル攻撃を受けることを甘受するんだな?  と核心的問題点を突き付けることができる。

 まあ、戦後の日本はロシア、中国という核保有国に囲まれながらこれまでやってきた。そうであれば今日本にミサイルが撃ち込まれるリスクを避けることができるなら、北朝鮮が核保有しても仕方がないという究極の判断だ。究極の判断こそが政治判断。

 アメリカは近隣を核保有国に囲まれて過ごしてきたわけじゃないし、アメリカ本土が核戦争に巻き込まれる危険というのもキューバ危機を除いて感じたことはないだろう。

 この点では、日本の方がはるかに逞しいね。中国やロシアも核を持っている。それなら北朝鮮が持つことくらい、という腹の括り方を究極的にすることができる。その代わり、日本の防衛力を格段に高める。今、日本にミサイルが撃ち込まれるより、このような日本の進み方の方がよっぽどましだというのが僕の持論。核心的問題点で自分のスタンスを明確にしたからこそ、およそ日本の政治家では主張できない「北朝鮮の核保有容認」という持論を堂々と主張できるし、それに対する批判にもいくらでも答える自信がある。「負けそうなケンカでは情けなくてもまず逃げる。そして次に備えて徹底的に鍛え、負けないようにする」。究極の政治判断においては最後は自分の人生観が左右するんだよね。

 ※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.51(4月18日配信)からの引用です。もっと読みたい方は、メールマガジンで!!  今号は緊迫する北朝鮮問題を論じた《[緊迫! 北朝鮮]核心的問題点は「世界秩序のため日本はミサイル攻撃を甘受できるかどうか」》特集です。

橋下徹 撮影=市来朋久

最終更新:4/19(水) 12:05

プレジデント

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデント

プレジデント社

2017年5.15号
4月24日発売

定価690円(税込み)

仕事も人生も、どんどん楽しくなる!
一流の人の1週間 大解明