ここから本文です

【R・マドリー×バイエルン|採点&寸評】殊勲の3発! C・ロナウドが第1レグに続いてMOM選出!!

4/19(水) 7:46配信

SOCCER DIGEST Web

的確な人選で試合を支配し、数的優位を得て延長戦の末に大勝!

[CL準々決勝セカンドレグ]R・マドリー 4-2 バイエルン/4月18日/サンチャゴ・ベルナベウ
 
【R・マドリー|採点&寸評】
チーム 7
ベイルの故障を受けて、3日前のS・ヒホン戦で躍動したイスコをトップ下に入れる4-1-3-2を採用。これが当たり、序盤からゲームを支配した。オウンゴールで追いつかれて延長まで持ち込まれるも、数的優位を活かしてしっかり3ゴールを奪う。最終的には2試合合計6-3でバイエルンを粉砕し、7年連続のCL準決勝進出を果たした。
 
監督 ジネディーヌ・ジダン 7
4-3-3にこだわらず、好調イスコを組み込んだスタメンが機能。PKで失点後は4-1-4-1にしてバランスを担保し、途中投入したアセンシオも4点目を奪取と采配も当たった。
 
[GK]
1 ケイラー・ナバス 6
15分の見事な飛び出しなど、積極性と集中力が際立つ。失点はPKとオウンゴールであり、大きな責任はない。
 
[DF]
2 ダニエル・カルバハル 6
タイミングを心得た攻め上がりを見せ、26分には惜しいミドル。リベリとアラバを相手にした守備でも的確な対応を見せた。
 
6 ナチョ 5.5
ペペとヴァランヌの怪我で第1レグに続く先発。ポジショニングに優れ出足の良さも見せたが、オウンゴールに繋がる78分のクリアミスはマイナス査定だ。
 
4 セルヒオ・ラモス 6
ナチョとのパートナーシップでレバンドフスキに仕事をさせず。78分には混戦から痛恨のオウンゴールも、105分にはクロスでC・ロナウドの決勝弾をアシストして挽回する。
 
12 マルセロ 7
序盤から積極的なオーバーラップで攻撃に厚みをもたらす。50分にはロッベンのシュートをゴールライン寸前でクリアした。失点後はやや守備の仕事が増えたが粘り強く対応し、110分には単独突破でC・ロナウドの3点目をアシストした。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/4ページ

最終更新:4/19(水) 11:25
SOCCER DIGEST Web