ここから本文です

カンプ・ノウ凱旋のD・アウベスが古巣に恨み節…「バルサを出たかった」理由とは?

4/19(水) 18:08配信

SOCCER DIGEST Web

バルサの地元メディアへの不満を吐露。

 ユベントスのDFダニエウ・アウベスは、現地時間4月19日に行われるバルセロナとのチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝・第2レグでカンプ・ノウへの凱旋を果たすことになる。
 
 しかし、8シーズンに渡りプレーした古巣に対しての思いは複雑なようだ。18日、イギリスの『Sports360』がD・アウべスのコメントを伝えている。
 
 昨夏のユーべ移籍について「私は感じていることをただ表現したかった。違和感を感じていたよ。誰かを傷つけることは好きではないけれど、バルサからただ出たかったんだ」と心境を吐露した。
 
 その理由については、「私は(ライバルである)マドリードのメディアを使ったんだ。彼らは発言を捻じ曲げたりしなかったからだ。一方、バルサのメディアはそれをしていたかもしれない」と地元マスコミに対して不信感を抱いていたからだと述べた。
 
 再びカンプ・ノウでプレーする気はあるか聞かれると、「私はいつも100%をクラブに捧げている。しかし、バルサに戻るということは、多くのことを変える必要がある。人々のエゴや過ちを認識することを含めてね」と言葉を濁した。
 
 最後は「バルサでは私を愛した人もそうでない人もいた。カタルーニャ人は特別な人間で、私の生活スタイルは彼らの好みや嗜好には適さない。明日は自分が歓迎されるかは分からないが、家だと考えていた場所に戻ることが楽しみだ。ライバルとしてね」と皮肉たっぷりに締めた。
 
 バルサ時代から過激な言動でたびたび世間を騒がせてきたD・アウベス。そんなブラジル人の凱旋にカンプ・ノウの人々はどのような反応を示すのだろうか。

最終更新:4/19(水) 18:33
SOCCER DIGEST Web