ここから本文です

フォロワー15万人!マッチョ社長の主張「筋トレさえすれば上司に好かれる

4/19(水) 16:20配信

HARBOR BUSINESS Online

「筋トレと栄養学を義務教育に取り込めばどんな国策よりも日本を豊かにする」。このように、突飛なツイートをする度に数千単位のリツイートを稼ぎ、15万人以上のフォロワーを持つ人物がいる。その名もTestosterone氏だ。

「人生の悩みの99%は筋トレが解決する」という信念にもとづいたツイートの数々は一見突拍子がない。しかし、海外で会社を経営する彼自身の経験に基づく主張は、核心を突き胸に刺さる言葉も多く、日々フォロワーを増やしている。そんな噂のマッチョ社長・Testosterone氏に、ビジネスマンとしての心得やスマートな働き方について聞いた。

――まず、Testosterone氏は常々「人生の悩みの99%は筋トレが解決する」とおっしゃっていますよね。

Testosterone氏:はい、筋トレですべて解決します。これは本当で、まず筋トレをすると多くのホルモンが分泌され、気分が良くなります。皆さん、気分をなめてはいけません。人は気分次第で幸せにも不幸せにもなります。特に「テストステロン」という男性ホルモンは、闘争心や仕事へのモチベーションをアップさせます。しかも筋トレは、何かを成し遂げるために必要な成長のプロセスを効率よく学べます。目標を設定し実際にやってみて、改善点があればやり方をブラッシュアップ、実体験をもとにPDCAサイクルが学べるんです。

――今回はサラリーマンに“あるある”の悩みについてお聞きしたいです。「自分は頑張っているけど、上司が正しく評価してくれない」という声が多いようで……。

Testosterone氏:努力って努力するだけではダメなんですよ。努力のプロセスを見せることも仕事の一つです。例えば、本当は質問する必要なくても「課長!こういうプランがあるんですが、ご意見を聞かせてください!」と聞いて、「尊敬する課長の意見が聞きたい」「僕は仕事をめっちゃ頑張ってます」とアピールするんです。で、意見を貰えたら課長を褒めるんです。そうしたら課長は嬉しいでしょ?「こいつ、応援してやろう」って気持ちになるでしょ?(笑)まあ、上司のタイプによって色んな攻め方がありますけど、自分の昇進に関わる人間は徹底的に味方につけていくべきですよ。

◆人間関係の悩みも筋トレですべて解決!

――上司との関係で筋トレは役立ちますか?

Testosterone氏:めちゃめちゃ役立ちますね。これは断言してもいいです。例えば、話のきっかけになるんですよ。上司の趣味がゴルフだったら、「僕、筋トレやってから飛距離がめっちゃ伸びたんですよ!でも、スイングがちょっと苦手で……」と言えたらこっちのもんです。上司にアドバイスを送りつつ、教えを請い自尊心も満たしてやる。上司のハートをわし掴みにできます。世間話力ってイコールで仕事力ですけど、筋トレをやっていると話の“掴み”になるし、上司のハートもチャンスも掴めます。筋トレや筋肉って多くの人にとって未知の領域じゃないですか? 未知なんだけど、健康やカッコいい身体には興味がある。だから、会話になった瞬間にこちらにアドバンテージが生まれるんですよね。

――上司との付き合いや仕事の効率に関しては、Testosteroneさんの新刊「筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術」でも力説されていましたよね。

Testosterone氏:ええ、仕事をするうえで上司に気に入ってもらったほうが絶対に楽じゃないですか。もしミスをしてもそこまで怒られないかもしれないし、楽な仕事を振ってくれるかもしれない。時間管理という意味でも大事です。上司の懐に入るには、上司のお子さんを“狙う”のもオススメ。だって、人生経験豊富な上司より、お子さんのほうが期待値は低いですよね。で、お子さんが喜んでくれたら上司も嬉しいし、奥さんに上司の顔が立つ。上司からすると「コイツやるやんけ!」となるじゃないですか。

――なるほど。ただ「そこまでして媚を売りたくない」という意見もありそうです。

Testosterone氏:そういう声もわかりますけど、皆がハッピーで誰も損してないでしょ?むしろ、上司一人がターゲットの時よりもハッピーの数が増えているんですよ。最小限の努力で最大限の結果を得るためには有効なんですよ。相手も人間ですから、仕事だけで自分を評価しろというのはちょっと現実的じゃない。あなた自身の人間性を売り込んで、上司の評価をコントロールするのも実力のうちですよ。全ては目標達成の為ですから、カッコいいもダサいもありません。狙うは超スピードの昇進やかわいがってもらうこと、その結果として好きな時に好きなだけ筋トレができる人生を手に入れる事でしょう!親に顔向けできないこと以外なら何でもアリです。

◆面倒な根回しも筋肉のためなら

――そういう意味では、“ノミニュケーション”も大切ですね。

Testosterone氏:めんどくさいと思うかもしれないですが、ゲーム感覚でやればいいですよね。タイムリミットは2時間、ラスボスの上司のハートを掴めるかどうか。まあ、僕は飲みに誘われても断りますけど(笑)。

――え、話がちがい違いませんか!?(笑)

Testosterone氏:筋トレがありますから(笑)でも、僕の場合は、飲み会に行かなくて済むキャラをあらかじめ作っておくんですよ。さらに普段から頻繁に世間話をしたり差し入れをしたりと、人一倍気遣いを心がけたくさんの根回しはしています。全ては筋肉のためなんで楽勝です。

――筋トレしようにも「時間がない!」と思う人もいそうですね。

Testosterone氏:逆に、筋トレを日々のスケジュールに足すと時間効率は上がります。「絶対に筋トレする!」と決意したら、自分で工夫して時間を作るようになるんです。例えば、好きな人とのデートがあったら残業しないようにがんばるじゃないですか。あれと一緒です。ムダに過ごしている時間って意外と多いので、筋トレをすると時間の使い方もスリムアップします。語学学習でも婚活でもいいんですが、さっき言ったとおり筋トレにはメリットが多い。筋トレで成功体験を得たら、それを担保に他のことも取り組みやすくなるので、やっぱり筋トレは最強なんですよ!

【Testosterone氏】

とあるアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学を普及させることをライフワークとしている。忙しい社長業の傍ら、筋トレの時間を捻出するために編み出した時間効率メソッドが書かれた新刊「筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間効率術」が好評発売中!

Twitter:https://twitter.com/badassceo

DIET GENIUS HP:https://dietgenius.jp/

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:4/19(水) 16:20
HARBOR BUSINESS Online