ここから本文です

トヨタ・カローラ生誕50周年!次期モデルに本格「スポーツハッチ」設定か?

4/19(水) 11:33配信

clicccar

トヨタでは、今年の3月から「カローラ」が日本全国を巡る参加型イベント、「笑顔の花冠プロジェクト」が開催されています。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



カローラは「花の冠」意味するラテン語で、1966年に初代モデルが登場して以来、2012年5月にデビューした現行モデルで既に11代目となります。

「笑顔の花冠プロジェクト」はカローラ生誕50周年を記念したイベントで、同車が産声を上げた愛知県豊田市の高岡工場を起点に、歴代カローラが3月6日、同工場を一斉にスタートしました。



4ルートに分かれて「花冠」をバトンで繋ぎ、日本を一周するもので、現行カローラを生産している宮城県のトヨタ自動車東日本宮城大衡(おおひら)工場をゴールに、8月下旬まで半年間かけて各都道府県のカローラ販売店を巡ります。



出発式の式典では「日本の国民車」として、モータリゼーション発展に多大な貢献を果たすことになった初代カローラ開発責任者である長谷川龍雄氏(2008年没)とともに、同車の開発に携わった佐々木顧問が登壇。



開発への意気込みを感じさせる1963年当時の貴重なエピソードが紹介されました。

「走行性能や安全性など、あらゆる面でお客様を我慢させるようなことが絶対にあってはならない」と常に意識して開発したそうで、そうした思いから「カローラ=80点主義+α」が貫かれました。



その象徴となるのが、同社の上級モデルよりも先に採用した「曲面ガラス」や、「プラス100cc」のゆとりを持たせた1,100ccエンジン、スポーティーな走行を可能にするオールシンクロメッシュの4段フロアシフトの採用だったと言います。



カローラはその後、歴史に残る「AE86」など、モータースポーツ界でも活躍。



2013年7月に世界累計販売4,000万台、2015年5月には国内累計販売1,000万台を突破するなど、世界のベストセラーカーとして確固たるポジションを樹立しました。



そうした中、これまでのモデルと一線を画す次期カローラの2019年投入が囁かれており、セダン、ワゴンに加え、「Golf GTI」をも凌駕する5ドアハッチの高性能モデルが設定される模様。

初代モデルが「スポーティーさ」をウリにしていたように、12代目で若々しく大変身する新型カローラの登場に、大いに期待が高まります。

(Avanti Yasunori)

最終更新:4/19(水) 11:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)