ここから本文です

販売好調のラグジュアリースポーツ「レクサス LC」の実車に密着!

clicccar 4/19(水) 18:03配信

3月16日に発売されたラグジュアリー・スポーツーペ「レクサスLC500」。



【この記事に関する関連する別の画像を見る】

トヨタ自動車本社(愛知県豊田市)前のトヨタ会館には、いち早く同車が展示されており、観光バス等で同館を訪れた人達からさっそく熱い視線を浴びています。



低く構えたエクステリア・デザインやシャープな印象の三眼フルLEDヘッドランプ、20/21インチの大径ホイールなど、「レクサス LFA」を彷彿させるスーパースポーツ然とした風貌が魅力的です。



新開発のGA-Lプラットフォームや、フロントミッドシップレイアウトによる正確でスッキリとしたステアリングフィールに加え、世界初となるマルチステージハイブリッドシステムやDirect Shift-10AT等の最先端技術採用と、徹底的な作り込みによって奥深い走りを実現しています。



「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」のボディカラーを纏った実車は、内外装の建て付けも精緻で大変美しく仕上がっていました。



車両価格が1,300万円(LC500)から1,450万円(LC500h)までと、まさにラグジュアリー・スポーツクーペに相応しい設定ですが、発売後1ヶ月で月販目標台数の36倍となる約1,800台(LC500:約1,000台、LC500h:約800台)を受注するなど、好調な立ち上がりをみせています。



「レクサス LFA」の後継車とも言えそうな「LC」ですが、今回は限定生産モデルでは無いだけに、このカテゴリーの車両が今後どの程度まで販売を伸ばせるのかが、大いに注目されます。

(TEXT/PHOTO :Avanti Yasunori)

最終更新:4/19(水) 18:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)