ここから本文です

キャサリン妃、産後の複雑な心境を語る

4/20(木) 13:08配信

25ansオンライン

19日(水)、キャサリン妃がケンジントンパレスに、ロンドンマラソンに参加するランナーたちを招待されました。いよいよ今週末、23日に開催される「ヴァージン マネー ロンドン マラソン」に参加する、そのランナーたちは、ご存じウィリアム王子&キャサリン妃、ハリー王子が立ち上げられた、メンタルヘルスのキャンペーン “ヘッズ トゥゲザー”を代表して走る人たち。これまでに何らかのメンタルヘルスの問題を抱えたことのある代表ランナーたちに対し、キャサリン妃はそれぞれの参加理由をお聞きになったり、最終準備や当日への応援のお言葉をかけられました。

【キャサリン妃 カジュアルスタイル集】

なかでも、現在8ヶ月の娘を持つDJのママとお会いになったキャサリン妃は、産後うつ病にかかった話をお聞きになり、「母となるための準備など何もないんですよね。特に初めて出産時には、とても複雑な心境になるものです。」と自らの経験を匂わせるコメントをされていました。
以前にも、初めて親となった時は、自信喪失になったことや、母になるということは、果敢な挑戦だとおっしゃっていましたね。
先日のハリー王子の勇気ある告白に続き、キャサリン妃もフランクに皆さんと会話をされていたようです。

そして、この日もうひとつキャンペーンの一環として、ケンジントンパレスに置かれている、英国アイコンでもある真っ赤の郵便ポストに、ヘッズ トゥゲザーのターバンテープを貼られました。
これは、ロンドン マラソンのコース上にある70の赤い郵便ポストに、貼られる予定だそうです。当日ロンドンにいらっしゃる方は、ぜひポストに注目して見てください。

お天気も良く自宅での公務となったこの日、キャサリン妃はラフなスタイルで登場されました。
ボーダーニットとスキニー、スニーカーというフレンチカジュアルでしたが、白ベースにブルーと赤のバイカラーが新鮮なニットは、ルイザ・スパニョーリ。このブランドといえば、ご結婚前から愛用されている、赤のスーツのブランドでしたね。イタリアブランドで、ニットアイテムは中でもお得意と言えるでしょう。
ボトムは、いつもの定番ネイビーのスキニー。そして足元もラフにスニーカー。こちらも最近頻繁にご愛用のスペルガ。キャサリン妃にとって、春夏の定番スニーカーとなりつつあるようです。ピアスは、シトリンのキキ・マクドノーでアクセントにされました。
ヘアは大きめのカールでダウンスタイルと、あくまでナチュラルに仕上げられました。

ここ最近のロンドンは、どうやら日本よりもお天気が良く暖かい日が続いているようです。そんな気候の中、キャサリン妃のスタイルも、春気分でラブリーですね。まさに私たちにも明日真似のできる、お手軽キャサリンルックです。コーディネートに悩んだ方は、ぜひボーダーでなりきりキャサリン妃ルックを。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:4/20(木) 16:53
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年8月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。