ここから本文です

枠内シュート1本、2戦連続無得点の屈辱も… バルサ監督「選手とサポーターを誇りに思う」

4/20(木) 6:50配信

Football ZONE web

CL8強敗退のルイス・エンリケ監督 プレー内容に満足感も「最後の正確さが欠けていた」

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で8強敗退となったバルセロナのルイス・エンリケ監督は、「最後まであきらめなかった選手たちとサポーターを誇りに思う」と語った。バルセロナはイタリア王者ユベントスと、現地時間19日に本拠地で準々決勝第2戦を戦ったがスコアレスドローに終わり、2戦合計0-3で敗退した。この結果を受けて、試合後に指揮官がイタリア衛星放送局「プレミアム・スポーツ」に語っている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 バルセロナは敵地での第1戦を0-3で落とし、ホームでの第2戦は最低でも90分間で3得点が必要な状況でキックオフとなった。前日会見で予告していた通りの猛攻を見せ、シュート17本を放ったバルセロナだったが、ユベントスの守備陣を崩し切ることができずに枠内シュートはわずかに1本。準々決勝2試合連続での無得点に終わり敗退となった。

 エンリケ監督は「このようなレベルのゲームをしたいと思っていたし、素早いプレーと多くのシュートを打つことができた。我々には最後のところでの正確さが欠けていた。だが、素晴らしい2チームが美しい試合をしたと思うし、ユベントスにおめでとうと言いたい」と、プレー内容には一定の満足を語り、勝ち抜けを決めたイタリア王者を称えた。

 そして3点ビハインドのまま残り時間が少なくなっていく絶望的な状況にも、集中力を切らさなかった選手たちと、声援を止めなかったサポーターに感謝の言葉を述べている。

あきらめない姿勢に「言うことはないよ」

「選手たちは誰もが最後まであきらめなかった。その選手たちと同様に最後まで支え続けてくれたサポーターを誇りに思う。言うことはないよ」

 バルセロナは最終的にイタリア王者の堅守に屈したものの、最後の1分まで攻撃的にビハインドを跳ね返すことにトライし続け、サポーターも残り数分ではクラブの旗を振りながら大声量の歌を送ってサポートした。エンリケ監督にとって敗退は決まったものの、そういった雰囲気を作り上げたチームとサポーターに対しては心を動かされるものがあったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/20(木) 10:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新