ここから本文です

ネイマールがCL敗退に涙… バルサ自慢の“MSN”、ユーベ相手に屈辱の2戦無得点

4/20(木) 8:18配信

Football ZONE web

2戦合計0-3で8強敗退 今大会18ゴールの3トップが沈黙したまま姿消す

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールは、現地時間19日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦で敗退が決まると、涙を流した。バルセロナはイタリア王者ユベントスを相手にスコアレスドローに終わり、2戦合計0-3で準決勝進出を逃した。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ネイマールは左ウイングで先発すると、ブラジル代表とバルセロナの“先輩”でもあるDFダニエウ・アウベスとマッチアップした。厳しいディフェンスを受けながらも何度となくドリブル突破を見せ、積極的にシュートも放ったが、ボールはことごとく枠外に飛んだ。

 ネイマールの右足から放たれたボールが唯一ゴールを脅かしたのは、後半に左サイドから上げたクロスがMFハビエル・マスチェラーノの頭にわずかに合わず、そのままゴールマウスに飛んで相手GKジャンルイジ・ブッフォンが弾き出した1プレーのみだった。

 試合終了のホイッスルが鳴ると、ネイマールは涙を見せて悔しさを露わにした。相手選手のアウベスとコロンビア代表FWフアン・クアドラードに抱きかかえられて言葉をかけると、涙を隠すことなくそのままホームのピッチを後にした。

 試合前の時点で9戦26ゴールと強烈な破壊力を誇り、そのうち自身の4ゴールを含む18ゴールを挙げていたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスと合わせたバルサの看板3トップ「MSN」。その一角として活躍してきたネイマールだったが、涙とともに今季CLの舞台から去っていった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/20(木) 8:46
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新