ここから本文です

時速483km近くまで加速するツインターボ搭載のフォードGT登場!

4/20(木) 22:10配信

エスクァイア

 クルマをこよなく愛する皆さんなら、できる限りスピードを出し切りたいはず。 
 
 果たして、クルマは時速何kmまで出せるのか? そんな疑問に応えるべく、改造したフォードGTがとんでもない新記録を出していました!

【ネーミングが最高なクルマBest25、自動車専門誌『Road & Track』 から画像を見る】

2005フォードGTを大幅に改造したこのクルマは、停止状態から時速約472km(293.6マイル)に!!

 時速482km(300マイル)というド迫力の数字は、どうやって出すのでしょうか? それはドラッグレース用のトップフューエル ドラグスターや、中型飛行機なら出せるスピードです。でも、必ずシートベルトは着用してくださいね、当たり前ですが…。
 
 このツインターボフォードGTもそれが可能なのです。たった1マイル(1.6km)の距離でどれほどの速度を出すことができるかを競う「スタンディングマイル」にアタックしたこのクルマ、停止状態から1マイルを走り切るまでに、見事、時速は約482km(300マイル)までのスピードに到達することができたのです 
 
 2017年3月26日、NCSデザインは(M2Kモータースポーツが大幅に改造した)フォードGTによってスタンディングマイル世界記録を塗り替えたビデオを投稿したばかりです。このフォードは、平凡にしか見えない外観であるものの、火を吐くような5.4リッターV8を作動させて、1マイルを驚異の時速472km(293.6マイル)という速度で走り終えたのでした。

 M2Kモータースポーツの疑う余地のないスタンディングマイルパフォーマンスは、2012年10月にジョニー・ボーマーが同じくフォードGTで出した時速455.8km(283.232マイル)のギネス世界記録を打ち破ったのです。 
 
 ここで1つだけ、期待を込めた想像があります。このフォードGTが1マイルの距離で時速300マイルを出すことができるのであれば、ブガッティ・ヴェイロン スーパースポーツが最高時速415kmを記録した(フォルクスワーゲングループがプロトタイプなどのテストに使用しているサーキット群の一つ)「エーラ・レッシェン」の5.4マイルという長いストレートや、12マイルのループだったら一体どうなるのでしょうか? 

 滅多にない機会かと思いますが、1度でいいのでそんな走りを体験したいものです。特に、時速400キロ台の世界を味わってみたいものですね!

最終更新:4/21(金) 6:15
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます