ここから本文です

トゥヘル、バス遅れで”爆発事件”が脳裏に「サッカーについて考える余裕なかった」

4/20(木) 9:05配信

フットボールチャンネル

 現地時間19日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグの試合が行われ、ドルトムントはアウェイでモナコと対戦し1-3の敗戦を喫した。試合前にバスの出発が遅れたことが、少なからず選手のメンタルに影響を与えたとトーマス・トゥヘル監督が語っている。19日に英紙『スカイスポーツ』が報じた。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 試合後にインタビューに応じたトゥヘル監督は「バスが19:15に出発することになった。みんながバスに乗り込む準備も出来ていたが、同行した警察がしばらく待つように言ってきたんだ。我々は16分から17分ほどその場に留まった。理由について聞いたが、彼らはセキュリティ上の理由としか説明しない。爆発事件から1週間後に起こりうる最悪の事態だった。バスに乗り込もうとしたが、許可されなかったよ」と語っている。

 続けて「気にしないよう試合に臨んだが、サッカーについて何も考えることが出来なかった。理想的な状況ではなかったよ」とコメント。敗戦した理由として、直接的な原因ではないものの、少なからずバス出発遅れが選手たちのメンタルに影響を与えたことを明かしている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)