ここから本文です

宇野昌磨、ノーミスに安ど SP103.53点マーク 最終滑走で王者・羽生登場

4/20(木) 20:08配信

THE ANSWER

世界国別対抗戦、男子SPで日本の先陣を切って103.53点

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦が20日、代々木第一体育館で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で日本の先陣を切った宇野昌磨(中京大)は103.53点をマーク。最終滑走者の羽生結弦(ANA)を残し、1位につけた。

【画像】「グレート!」な衣装にも注目…羽生結弦&宇野昌磨の”名シーン”ギャラリー

 第2グループの第5滑走で登場した世界選手権銀メダリストはノーミスの演技でまとめ、滑り終えると安どの表情を見せた。

 この後、最終滑走で世界選手権金メダリストの羽生が登場する。

 国別対抗戦は世界選手権などの6大会のポイントの合算で選ばれた上位6か国(日本、カナダ、ロシア、米国、フランス、中国)が男女シングル各2人とペア、アイスダンス各1組のチーム戦により、順位に応じて与えられるポイントで世界一を争う。

 この日行われたアイスダンスのショートダンス(SD)では村元哉中、クリス・リード組が今季自己最高点で5位、女子シングルのSPではともに自己最高点で三原舞依(神戸ポートアイランドク)が3位、樋口新葉(日本女学館高)が5位につけている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:4/20(木) 20:18
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。