ここから本文です

爆発事故で負傷のドルトムントDFが敵地モナコ戦に帯同 失意のCL敗退も回復ぶりアピール

4/20(木) 13:10配信

Football ZONE web

試合前にピッチを歩くバルトラの姿を、クラブ公式ツイッターが伝える

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝モナコとの第2戦に1-3で完敗、合計スコア3-6で敗退が決まった。第1戦の直前に起きたチームバスの爆発事件という悲劇が、結果に大きな影響を与えたことは想像に難くないが、予想外のアクシデントにより負傷したDFマルク・バルトラが、第2戦で現地モナコを訪れて観戦したという。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合前には両チームのサポーターが「You'll Never Walk Alone」を大合唱するなど、サッカー界全体が団結を示すなかで行われた一戦は、現在売り出し中のモナコFWムバッペ、主将のFWファルカオのゴールなどでモナコが3得点。香川が先発出場したドルトムントはFWロイスが1点を返したものの、リーグアンで好調をキープするモナコが2003-04シーズン以来となるCL準決勝進出を果たした。

 ドルトムントとしては、準優勝した2012-13シーズン以来の準決勝進出を逃す結果となったが、試合前にはひとつポジティブなニュースがあった。ドルトムントのクラブ公式ツイッターが「誰が戻ってきたと思う?」と投稿したツイートには、ある動画がついていた。それはチームのジャージを着てピッチ内を歩き、関係者と握手を交わすバルトラの姿だった。

 バルトラはチームバスの事故によって割れた窓ガラスが直撃し、右手首を骨折するなどの重傷を負った。戦線復帰まで全治4週間と言われているが、ブンデス公式サイトによると「ドルトムントは水曜日に行われたモナコとのCL第2戦に連れていく決定を下した。試合前のドレッシングルームでは、チームメートに対して逆転勝利するように発破をかけた」と、チームの一員として帯同したことが伝えられている。

 試合にこそ敗れてしまったものの、バルトラがチームに帯同できるほどの回復ぶりを見せたのは、不幸中の幸いと言えるだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/20(木) 13:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新