ここから本文です

“世界最強”バルサを封じた10戦2失点の堅守 ユベントス守護神が誇る鉄の団結力

4/20(木) 16:30配信

Football ZONE web

ブッフォンが語ったCL4強進出の勝因

 バルセロナの猛攻をシャットアウトしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を決めたイタリア王者ユベントスの主将GKジャンルイジ・ブッフォンは、「勝利への欲求と意志は我々ユベントスの体を構成する一部分だ」と、勝者のメンタリティーを語った。現地時間19日にCL準々決勝第2戦で、バルセロナを相手に敵地でスコアレスドローに持ち込んだユベントスは、2戦合計3-0で勝ち抜けを決めた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ユベントスはホームでの初戦に3-0で勝利していただけに、この第2戦ではバルセロナの猛攻を受けることが予想された。ブッフォンは、そうした状況に立ち向かうことが信念であると、試合後のイタリア衛星放送局「メディアセット・プレミアム」のインタビューに語っている。

「私は結果を超えたところにある考えとして、世界最強のチームに対して立ち向かう。これが自分の道、信念だと考えている。勝利する運命は、ほんの少しだけ相手よりも我々の方にあったのだろう」

 ブッフォンは準々決勝2試合を通じて無失点に抑えたバルセロナを世界最強のチームだと称えた。枠内シュートはわずかに1本だったが、トータルではシュート17本の猛攻を浴びた。初戦の前半にMFアンドレス・イニエスタとの1対1を制したようなビッグセーブこそ必要がなかったが、屈強な最終ラインの後ろに世界最高峰のGKが鎮座する姿は、バルセロナにプレッシャーを与え続けた。

今大会10試合中8試合が無失点

 ブッフォンは、“鉄の団結”と称されるユベントスの哲学をこう語る。

「難しい試合だったが、勝利への欲求と意志は我々ユベントスの体を構成する一部分だ」

 レアル・マドリードと並んで無敗の4強進出を果たしたユベントスは、これで大会10試合のうち8試合が無失点。2試合の失点はいずれもわずか1点であり、決勝トーナメントでは4戦無失点と無類の守備力を誇っている。

 その最後の砦となる“鉄人”は、飽くなき勝利を求めるメンタリティーで、自身初のCL制覇へ向けてまた一歩前進した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/20(木) 16:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新