ここから本文です

千葉マリンの風を武器に!オリックス・野田浩司が1試合19奪三振【1995年4月21日】

4/21(金) 7:00配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は4月21日だ。

 昨日20日のソフトバンク戦でロッテのドラフト1位・佐々木千隼がZOZOマリンで今季2度目の先発をしたが、初登板の6日(日本ハム戦)はマリン名物の強風に苦しめられながらもプロ1勝目を挙げている。

 4月21日は、この強風を味方にした男がとんでもない記録を作った日だ。

 1995年、千葉マリン(当時)はすさまじい強風が吹き荒れていた。ロッテの先発は小宮山悟、オリックスは野田浩司で投手戦となる。現在、ソフトバンクの千賀滉大の“お化けフォーク”が話題となっているが、野田はその元祖。命名者はヤクルトの監督だった野村克也の「あれはお化けや。消えた」の一言だったとも言われる。

 バックスクリーン方向から吹き込む海風がはね返り、バッテリー間は逆風。野田がフォークボールを投げると、その風を受け、球がベースに垂直に落ちた。まさに“お化け”である。初回から面白いように奪三振を重ね、7回裏の3三振で史上タイの17、8回裏で単独トップの18、さらに9回には19個目を奪った。

 しかし9回裏に同点に追いつかれると野田は交代。1対1で迎えた延長10回裏に代わった平井正史がつかまり、サヨナラ負けとなった。試合後、テレビなどの取材が殺到していた野田だが「悔しくて、全部断ってもらいました」と振り返る。

 1月17日、阪神・淡路大震災。「がんばろうKOBE」を合言葉に、球団名がオリックスとなって初の優勝を飾った年だ。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

カープ&ホークス ペナント制覇!
広島・ソフトバンクの歓喜の優勝シーン
祝勝会&優勝会見再録

週刊ベースボールONLINEの前後の記事