ここから本文です

大人の女性に成長した“少女たち”のための小説を。折原みと『幸福のパズル』ロングインタビュー

otoCoto 4/21(金) 17:00配信

現在30代から40代の女性の多くが、思春期の頃、この人の作品にふれた経験があるだろう。『時の輝き』に代表される少女向け小説をはじめ、児童向け小説、絵本、エッセイ、そしてマンガと、多岐にわたって活躍し続ける折原みとさん。

小説家となって30年目となる節目の年である2017年、長編小説『幸福のパズル』を上梓。
さまざまな困難に見舞われ、すれちがい、引き裂かれ、離れ離れになっても、なお相手の幸福を願い続ける男女の姿を描いた、王道にして直球のメロドラマ。本作執筆の経緯などをお聞きした。

――『幸福のパズル』は、運命的に出会った男女の7年間にもわたる紆余曲折を描いています。恋愛小説であると同時に、仕事小説でもあり、群像劇でもあり、主人公のみちるが少女から大人の女性へと変化していく過程を綴ったビルドゥングス・ロマン(教養小説)の趣きも感じられました。

今どきあまりない純愛小説を書いてみませんか?と、提案されたことが、そもそものきっかけでした。ひとりの女の子が2人の男性から愛される、ドラマチックな純愛物語を。
言われてみたら、最近そういうストレートな恋愛ものって小説に限らず、TVドラマでも映画でもあまりないような気がして、逆に新鮮なんじゃないかと思ったんですね。自分でもそういう作品を読んでみたいな、書いてみたいな、という気になって、ならいっそのこと昔の大映ドラマのような内容にしてみよう、と考えました。主人公に次から次へと困難が降りかかってくる、そんなプロットを楽しみながら立てたまではよかったんですが、いざ書きはじめてみると想像していた以上に大変で、とても時間がかかりました。当初の予定では数ヶ月間で完成させるつもりだったんです。それが3年間もかかってしまって。ひとつの作品に、こんなに時間がかかったのは初めてのことでした。

――どこに時間がかかったのでしょうか?

前半は順調に書き進んでいったのですが、みちると、その恋人の優斗が別れるあたりで、筆が止まってしまったんです。物語はその後、みちるが深刻なスランプに陥って小説を書けなくなっていく……という展開になるのですが、書きながら自分も同化して書けなくなってしまったんです。
私は小説を書くときは、いつも主人公になりきるタイプなんですが、今回は主人公であるみちるが作家である点や、舞台が葉山であることなど、自分自身の職業や生活空間そのものが彼女と一緒なんです。なので、筆が順調なときは楽しくおもしろく進んでいくのですが、みちるがスランプになったら私までスランプになるという……そこから抜け出すまでに時間がかかりました。そこもみちると一緒でした(笑)

1/3ページ

最終更新:4/21(金) 17:00

otoCoto