ここから本文です

【入門ロードバイク2017】ジャイアント・コンテンドSL 1

4/21(金) 9:21配信

CYCLE SPORTS.jp

速さも快適性もジャイアント史上最強の入門ロードベストバイ

ロードバイクの入門者といえば楽しみ方を確立できていないもの。そんなユーザーに向け、 あらゆる走りを楽しむための性能を詰め込んだ、オールラウンドなアルミエントリーモデルがジャイアントの「コンテンドSL1」だ。

このバイクはそんな性能を獲得するために、同社レーシングモデルの「TCR」とエンデュランスモデルの「ディファイ」、両者のジオメトリーを融合させて設計された。 具体的には前三角をディファイ、後三角はTCRから受け継ぐ。レースモデルよりもヘッドチューブが長く、短めのトップチューブによってアップライトで無理のない乗車姿勢が提供される。

加速性能のキモとなるBBまわりについては、ジャイアント独自のワイドBBシェルの「パワーコア」の搭載によりパワー伝達性能を向上。ヘッド部は独自の大径構造「オーバードライブ」により正確な操作性能を獲得している。

そしてディファイ譲りの「Dフューズシートポスト」を装備し、 縦方向のしなやかさを演出する。トップチューブからシートステーの形状により、アルミモデルとしては抜群の快適性も実現。 走行性能以外の仕様は、前後のエンド部にダボも標準装備し、25Cサイズを履いても余裕のタイヤクリアランスを確保する。

「コンテンドSL1」の用途はロングライドのみならず、ライトなツーリングやグラベルロードといった遊び方にも対応できるので、欲張りな入門者に最適な一台といえよう。



ジャイアント・コンテンドSL 1
シマノ・105完成車価格/14万円(税抜)

フレーム●アラックス-SLグレードアルミニウムOLD130mm
フォーク●アドバンスドグレードコンポジット
メインコンポ●シマノ・105
ホイール●ジャイアント・P-R2(リム)
タイヤ●ジャイアント・P-SL1 700×25C
ハンドルバー●ジャイアント・コネクト
ステム●ジャイアント・アルミニウム
シートポスト●ジャイアント・Dフューズ コンポジット
サドル●ジャイアント・コンタクトフォワード
サイズ●XS(410)、S(445)、M(480)、ML(515)
カラー●マットブルー、ブラック
試乗車実測重量●8.63kg(MLサイズ、ペダルなし)

吉本 司

最終更新:4/21(金) 9:21
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円