ここから本文です

新生サンローラン初のバッグは意外な機能派

4/21(金) 14:54配信

GQ JAPAN

サンローランのクリエイティブ・ディレクター、アンソニー・ヴァカレロが新しいシグネチャーバッグを発表。機能的な作りに注目が集まる。

【サンローランのIDバッグをもっと見る!】

2016年4月、サンローランのクリエイティブ・ディレクターにベルギー出身のアンソニー・ヴァカレロが就任。9月にはパリで彼のファーストコレクションが発表されたことは記憶に新しい。メゾンのアーカイブルックをエッジの効いたムードに解釈したヴァカレロらしいスタイルに注目が集まった。そんな彼が、サンローランの新たなシグネチャーバッグを考案したのが今回のニュースだ。

「IDバッグ」と名付けられた新作は、ヴァカレロ自身が使用することを前提にデザインされた。レザーとコットンキャンバスの2種類がラインナップされ、サイズもミディアムとラージの2タイプが用意されている。

一見すると、いたってシンプルで汎用性の高いバッグ。実は変形させることで、2WAYの使い方が可能という機能面を持つ。原型はトートバッグだが、上部と底部に配されたリングとループを接続することで、簡単にボストンバッグに変形する。すっきりとしたトートはビジネスバッグとしても使え、容量たっぷりのボストンにすれば小旅行の際にも対応できる。使い勝手の良さが秀逸だ。

デザインの魅力もさることながら、忘れてはならないのが、モデル名の由来となったIDプレート。バッグ上部に取り付けられたメタル製の小さなプレートを指すが、これは水兵が身につけていたプレートネックレスをモチーフにしたもの。このさりげない装飾は、バッグだけでなく、革小物やレディ・トゥ・ウェアにも採用されている。

機能面を充実させながらも、サンローランらしいモードな雰囲気をもたらすIDバッグ。その出来映えは、今後のバッグコレクションの充実ぶりを予感させる。

サンローラン Tel.0570-016655

文:高須賀哲

最終更新:4/21(金) 14:54
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年10月号
2017年8月24日発売

600円(税込)

福山雅治登場!フクヤマの現在と映画『三度目の殺人』/2017年秋冬ファション特集「ミー・ファースト」で押せ!/「ちょっと、うまい、グルメ」の10大ニュースほか