ここから本文です

2クラブにCL&EL”出場禁止処分”。試合前にサポ同士暴動…UEFAが重い処分

4/21(金) 7:01配信

フットボールチャンネル

 欧州サッカー連盟(UEFA)が、フランス1部リヨンとトルコ1部ベシクタシュに対してUEFA主催の欧州カップ戦(ヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグ)に関する執行猶予付きの出場禁止処分を言い渡した。20日に仏紙『レキップ』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 現地時間13日にリヨンのホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグの試合前、ベシクタシュのファンがリヨンのファンが陣取っていた場所に発煙筒を投げ込んだことで暴動が発生。両チームのサポーターが衝突し、一部のサポーターは一時的にピッチへ避難した。これにより試合開始時間が遅れている。

 同紙によると、これを重く受け止めたUEFAが両クラブに対して処分を決断。2年間の執行猶予期間は処分保留という条件付きで、出場資格を得た次の欧州カップ戦の出場禁止と、両クラブに対して10万ユーロ(約1170万円)の罰金を科すと発表したとのこと。これに関してベシクタシュは控訴する構えを見せ、リヨンも控訴を検討している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)