ここから本文です

ドルトムント爆破事件、28歳容疑者逮捕! 過激派を偽装、株価暴落狙いに独警察当局「前代未聞」

4/21(金) 15:02配信

Football ZONE web

過激派の犯行声明はカモフラージュ、利益を得る金銭目的の犯行

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝初戦のモナコ戦前にチームバスが爆破される事件が起き、スペイン代表DFマルク・バルトラが骨折する被害が出たが、ドイツ連邦警察は28歳の容疑者を逮捕した。ドイツ地元誌「シュピーゲル」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 爆破事件で逮捕されたのはドイツ南部テュービンゲン在住の28歳男性、セルゲイ容疑者。チームの宿舎からジグナル・イドゥナ・パルクに出発した直後のバスを遠隔操作で三度爆発させた容疑がかけられている。

 イスラム過激派の犯行を示唆する声明文が事件直後に現場付近で発見されたが、それはカモフラージュだったようだ。実際は爆破事件により、ドルトムントの株価を暴落させることで、利益を得ようとした金銭目的の犯行だったという。

 セルゲイ容疑者はドルトムントの1万5000の株式買収権を取得しており、ドイツ警察当局は「完全に前代未聞」と分析している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/21(金) 15:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新