ここから本文です

指原莉乃、山本彩の総選挙不出馬の理由語る 「別に私と戦うのに逃げたわけじゃない」

4/21(金) 11:40配信

リアルサウンド

 4月20日、HKT48の指原莉乃とフットボールアワーの後藤輝基が司会を務める番組『HKT48のおでかけ!』(TBS系)で「指原が選抜総選挙のウラ側激白! 人気メン不出馬の理由」の模様が放送された。

 番組冒頭、指原は6月17日に沖縄で「AKB48 49thシングル選抜総選挙」が開催されることに触れ、「私の3連覇が(かかってる)……」と言うと、「台風の時期に沖縄行くの嫌だ」と本音を漏らした。後藤が「そういうのも逆にええんちゃうの? 嵐の中みたいな」とフォローするも、指原は「地獄じゃないですか。雨に濡れたらブスだもん絶対」と反論。すかさず後藤は「カラッとしてる時イケてるみたいに言うな」とツッコミを入れた。

 後藤が「今回で(指原の選抜総選挙出馬が)最後」と言い、続けて「選抜総選挙に出ない=卒業っていうのはある程度の方程式ではあるやんか」と指原に尋ねると、「でもそうじゃない子もいますね。今回でいうと柏木(由紀)ちゃんとかさや姉(山本彩)とか。だけどAKB(グループ)にはいるので」と返した。さらに後藤は「直結その年に卒業っていうわけではなく、何かしら卒業というトンネルの向こう側が見えてきてるような感じではあるの?」と聞くと、指原は「いや私は無いですけど……」と苦笑しながら「ただシンプルに(選抜総選挙に)9回出てるんで今年で。もうこれ以上も先もないというか……」と答えた。

 「(2016年の)『紅白(歌合戦)』の時に(「夢の紅白選抜」で)さや姉が1位になった。え、これどうなんのよホンマの総選挙やったら、みたいなね。というところがあって、(山本が)『私は(総選挙に)出ません』て言うたやろ。いやいや、なんやそれって」と後藤は山本の不出馬への疑問を語ると、さらに「指原が最後言うてるわけやから、最後戦ったらええんちゃう?」とコメント。これに対し指原は「実は『紅白』の後に、(山本に)『(総選挙に)出るの?』って聞いたんです。(山本が)『もう出ない』って言ってたんで。でも出ないか出るかなんて私たちだけで勝手に決められるもんじゃないんで、ってなった時に、こないだ(選抜総選挙の)締め切りの前に会った時に『どうなった?』って(山本に)聞いたら、『実は今回出なくなったんです』ってなったんで『じゃあよかったじゃん』ってなりました」と明かした。

 さらに指原は、 「さや姉は去年からずっと葛藤があったと思うんで、『よかったね』っていうのと、さや姉はソロのシンガーですから。ソロ活動できないんですよ、AKB(グループ)にいると時間がなくて。っていう時にソロの活動と両立出来るっていう意味で(不出馬を決めた)」と続け、「総選挙期間中とその次のシングルでお休みができるんで、そこで1人の仕事が出来るから」と語った。後藤は「なんで(不出馬の理由をちゃんと)言わへんねん」と不思議がると、指原は「言ってるけど届いてないんだと思う」と答えた。

 後藤は納得したように「逆に指原と戦うんだっていう行動なのかもしれんな」と言い、「指原はV3に向かっていく、TVも躍進してる、くそー! と。私が戦えるところはどこだ、1人で歌う事や。だから逆にあいつらは戦う事を選んでるのかも……」と説明した。指原は「別に私と戦うのに逃げたわけじゃない」と言い、「だから今回はまゆゆ(渡辺麻友)とか(松井)珠理奈とか(宮脇)咲良とか1位候補なのかな」と総選挙についてコメントした。

 後藤は「正直に言うで」と前置きし、「敵おらんやん」とV3を狙う指原に指摘。指原は「まゆゆも最後なんです」と返すと、後藤は「いやお前の方が(世間に)届いてるなぁ」と語った。「でも総選挙は実際、世間の声なんて関係ない」と冷静な指原に、後藤は「1位争いは激化はしてんねんな?」と納得。さらに“最後の総選挙”へのファンの反応について指原は、「変わった人が多い。余生を楽しむために指原を応援してる。だから総選挙出て欲しいって人が多いですね。(他に)お金使う場所が無いから」と発言し、「濃い。死ぬほど濃いカルピスみたいな人たちしかいないんで。みんな熱心に応援してくれてますね」と表現し、笑いを誘った。

 VTRでは「東京五輪で金メダルの獲得が期待されるスポーツに挑戦」の模様をオンエア。次回は、「懐かしのレコードを調査! 昭和の歌謡曲を学べ!」を放送予定だ。

向原康太

最終更新:4/21(金) 11:40
リアルサウンド