ここから本文です

トゥヘル監督、采配ミス認める。「ドゥルムは被害者。私の責任」

4/21(金) 11:40配信

フットボールチャンネル

 現地時間19日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグの試合が行われ、ドルトムントはアウェイでモナコと対戦し1-3の敗戦を喫した。この試合でエリック・ドゥルムが先発起用されたが27分で途中交代している。同選手についてドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が言及したと、20日に独紙『ビルト』が報じた。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 この試合で主将のDFマルセル・シュメルツァーではなくドゥルムを先発起用。しかし、見せ場なく27分にウスマン・デンベレとの交代でピッチから去った。独紙『ルール・ナハリヒテン』は、ドゥルムに対してチーム最低評価となる「5.0」の点数を与えている。

 ドゥルムについてトゥヘル監督は「ドゥルムが被害者となってしまったのは私の責任。彼は負傷から復帰後、トレーニングで非常に良い印象を残した。信頼もしていたんだ。しかし、一つ二つと沢山の技術的なミスを犯した。ポジショニングも悪く、あれだけ簡単なミスを犯していたのでは、安定したシステムを保つのは難しい」と語っている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)