ここから本文です

脳震盪でプレー続行…82分に倒れる。1ゴール決めたシャルケMF、病院搬送も無事

フットボールチャンネル 4/21(金) 12:18配信

 現地時間20日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグの試合が行われ、シャルケはホームでオランダ1部アヤックスと対戦し延長戦の末に2戦合計3-4でベスト8敗退となった。この試合中、シャルケ所属のレオン・ゴレツカが相手GKと衝突し脳震盪を起こしたが84分までプレーしている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 試合開始して45分、クロスボールに飛び込んだゴレツカがGKアンドレ・オナナと衝突。前半終了の笛と共にその場に倒れ込んだ。ハーフタイム中に吐くなど脳震盪の疑いがあったが、そのままプレー続行し53分に先制点を決めている。しかし、82分にプレーと関係ないところで自ら倒れこみ交代を要求した。

 同紙によると、脳震盪に加えて試合中に顎を2度脱臼していたとのこと。交代した後に病院に運ばれたが、今はチームに戻ってきているという。ただ、現地時間23日に行われるライプツィヒ戦に出場できるかは微妙となっている。

フットボールチャンネル

最終更新:4/21(金) 12:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)