ここから本文です

CL準決勝は「マドリード・ダービー」とモナコvsユーベの試合巧者対決に!

4/21(金) 20:20配信

SOCCER DIGEST Web

CLでの対戦成績も今季のリーガでもR・マドリーが勝ち越し

 4月21日、スイス・ニヨンでチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会が行なわれ、以下の2カードが決定した。
 
◎CL準決勝
レアル・マドリー (4勝2分け1敗)アトレティコ・マドリー
モナコ(1勝1分け2敗)ユベントス
※左側表記が第1レグのホームチーム。括弧は左表記のチームから見た欧州カップ戦での通算対戦成績
 
 昨シーズンの決勝カードとなったマドリード・ダービーは今回、準決勝で実現。準々決勝ではR・マドリーがバイエルンに、A・マドリーがレスターに、それぞれ強さを見せ付けて勝利している。
 
 上記の通り、これまでCLでは7度対戦している両者だが、やはりR・マドリーのほうが明らかに分がいい。昨シーズン、そして2013-14シーズンの決勝でも、いずれも笑ったのはR・マドリーのほうだった。
 
 今シーズンのリーガ・エスパニョーラでの対戦成績も、R・マドリーが1勝1分けで勝ち越し。ただ、直近の対決となった31節は、A・マドリーが敵地ながら終了5分前に追い付いて意地を見せている。
 
 策士の闘将、ディエゴ・シメオネに率いられたA・マドリーが、ジネディーヌ・ジダンの下で熟成しつつある現欧州王者に今度こそ雪辱を果たすのか、あるいは今回も? それが最大の興味の焦点となる。
 
 もうひとつのカードは、モナコ対ユベントス。前者は準々決勝で狙い通りの展開でドルトムントを撃破し、後者は強敵バルセロナを2試合連続で零封してベスト4入りを果たした。
 
 ともに巧みな試合運びを見せる試合巧者であり、モナコの強力な前線とユベントスの鉄壁の最終ラインとの対峙は、見ごたえ十分である。
 
 モナコが勝てば13年ぶり、ユベントスが勝てば2年ぶりの決勝進出となる。ユベントスはモナコに準決勝で勝つと、決勝では勝てないという過去のデータがあるが、このジンクスを破ることができるかどうかも興味深い。
 
◇日程
第1レグ:5月2・3日
第2レグ:5月9・10日
 
 決勝戦は6月3日、ウェールズのミレニアム・スタジアムで開催される。

最終更新:4/21(金) 21:17
SOCCER DIGEST Web