ここから本文です

「重曹」は組み合わせでもっとパワフルに。ナチュラル家事で快適エコ生活

4/21(金) 19:10配信

ESSE-online

 重曹や粉石けんなどを使って、体にも環境にも優しいナチュラル暮らしにトライしてみませんか。「重曹や石けんは単独でも使えますが、組み合わせることで使いやすさや効果がアップするんです」と語るのは、環境NGO「クリーン・プラネット・プロジェクト」代表の岩尾明子さん。おなじみの重曹をパワーアップさせ、ナチュラル素材なのに、食器やシンクをラクにピカピカにしてくれるテクニックを教わりました。

⇒ナチュラル家事で快適エコ生活

<重曹+粉石けん>を合わせてパワフルに!「パウダー洗剤」

重曹と石けんをダブルで使うと、互いの働きを助ける相乗効果が生まれ、パワフルになります。長期間保存ができるので、穴のあいた調味料ボトルなどに入れておくと、汚れに気づいたときにさっとふりかけられて便利

[材料とつくり方]

穴のあいた調味料ボトルなどに重曹大さじ4を入れ、粉石けん大さじ1を加えてよく混ぜる。

[保存期間]

約1年

「パウダー洗剤」はこんなときに使えます

・食器洗い洗剤の代わりに

水で濡らしたスポンジに1、2回ふりかけて軽く泡立たせ、食器洗いに。市販の合成洗剤のような泡立ちはありませんが、油汚れもしっかり落とせます

・スポンジにつけてシンクを磨くとピカピカに

水で濡らしたスポンジにパウダー洗剤を1、2回ふりかけ、シンク内を軽くこすって水ですすぎます。重曹の穏やかな研磨作用も加わり、表面を傷つけずきれいに仕上がります

・汚れた化粧パフをつけおき洗い

清潔に保ちたい化粧パフはこまめに洗いたいもの。ぬるま湯2カップにパウダー洗剤小さじ2を溶かして化粧パフを入れ、2時間~ひと晩つけおき。水ですすいでよく乾かします

●使用したナチュラル素材をおさらい

・重曹

弱アルカリ性で、油など酸性の汚れを中和して落とす作用のほか、研磨作用、消臭・吸湿作用などがある。工業用、薬用、食用のランクがあるが、口に入っても安心な食用を使って

・液体石けん、粉石けん

水にも油にもなじむ自然の界面活性作用があり、油汚れなどに効果が。人工的な香料や界面活性剤が入っておらず、表示に「純石けん」「石けん素地」などと書いてあるものを選んで

(※肌に直接触れるものは、使う前に必ずパッチテストをしてください。腕の内側に少量つけて半日ほど様子を見て、異常を感じたときは、すぐに中止して洗い流すこと。湿疹やかゆみが消えない場合は、すぐに医師の診察を受けてください)

【監修/岩尾明子さん】

インターネットサイト「地球に優しいお掃除」を運営する環境NGO「クリーン・プラネット・プロジェクト」代表。重曹、酢、石けんなどの自然素材を使った掃除をはじめ、ナチュラルで質の高い暮らしを追求。著書に『重曹でナチュラルベビーケア』(主婦の友社刊)、『手づくり洗剤レシピ 重曹・酢・石けん』(NHK出版刊)などがある

<撮影/山田耕司 イラスト/木下綾乃>

ESSE

最終更新:4/21(金) 19:10
ESSE-online