ここから本文です

結婚相談所で「運命の人」を見つけた人の視点

東洋経済オンライン 4/21(金) 8:00配信

 お見合いの場として最も選ばれやすいのは高級ホテルのロビーラウンジやレストランだと思う。都会にあるホテルは場所がわかりやすく、駅からも近いことが多い。ラウンジやレストランは席の間が広めで、店員のサービスは比較的洗練されている。つまり、万人受けする無難な店選びなのだ。本連載もそれに倣い、ホテル内の飲食店をインタビュー場所として多用している。

 東京・日比谷にある「ザ・ペニンシュラ東京」のロビーラウンジで待ち合わせたのは、都内のIT系企業で事務職をしている中川寛子さん(仮名、41歳)。大手結婚相談所の紹介で出会った5歳年上の公務員男性と、昨年に結婚したばかりの新婚さんである。

■実はまじめな彼は「何かが違った」

 寛子さんはいい意味で少し変わっている。たとえば、筆者と話している最中に店員が水を注ぎに来ると、急に黙ってグラスをじっと見入る。透明なグラスに液体が入っていく様に心引かれる小さな子どものようだ。面白いので指摘すると、「いつもこうなってしまう」と恥ずかしそうに笑った。

 20代の頃は結婚願望がまったくなかったと振り返る寛子さん。マンガや映画観賞などの一人遊びが得意で、男性と交際しても結婚は視野に入れていなかった。

 「いまの会社に転職してきたばかりの頃、職場の先輩社員と1年ほど付き合ったことがあります。チャラ男だと評判の人だったので、むしろ興味が湧きました。近くにいたらどんな感じなんだろう、と。でも、付き合ってみたら思ったよりまじめな人でした。そのうち私の気持ちが離れてしまいました。何かが違ったのだと思います」

 チャラそうに見えて実はまじめ。恋人としても結婚相手としても理想的な気がするが、寛子さんには「何かが違った」のだから仕方ない。

 寛子さんが結婚へ関心が持てなかった理由はほかにもある。20代後半の頃、持病で入退院を繰り返していた父親と、認知症を患っていた祖母が相次いで亡くなったことだ。

1/3ページ

最終更新:4/21(金) 8:00

東洋経済オンライン