ここから本文です

生誕60周年を迎えた日産・スカイラインの歴代モデルが六本木ヒルズアリーナに集結

4/21(金) 12:33配信

clicccar

世代を問わず、また日産党でなくても「日産といえばスカイライン」という方は多いのではないでしょうか?

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

そのスカイラインがまもなく還暦を迎えます。1957年4月24日、プリンス自動車工業から初代スカイラインである「ALSI」型が登場してから、2017年4月24日でちょうど生誕60周年を迎えるスカイライン。

「ハコスカ」、「ケンメリ」、「ジャパン」、「鉄仮面」など、世代ごとに思い入れのあるスカイラインがあると思います。スカイラインの還暦を祝って日産の本社ギャラリーでも関連展示がされていますが、60歳の誕生日を前に20日には、六本木ヒルズにて特別イベント「SKYLINE TIMELINE」が開催されました。

歴代の「スカイライン」13台を一同に展示するとともに、ゲストによるトークショーや、歴代車が発売されたそれぞれの時代にタイムスリップし、その当時の「スカイライン」と共に写真撮影できる体験会などを実施。

60歳を迎えるスカイラインは、現在の日産車の中で、最も長い歴史を持つ車名であり、同じ名称で60年もの長い間存続したクルマは、日産だけでなく、長い自動車の歴史において貴重な存在なのは間違いないでしょう。

歴代13代のスカイラインが集う「SKYLINE TIMELINE」。4月21日(金)~24日(月)まで六本木ヒルズアリーナにて開催されますので(横浜の日産グローバル本社ギャラリーでも関連イベントを開催中)立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



(塚田勝弘)

最終更新:4/21(金) 12:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)