ここから本文です

止まらぬ燕打線!1イニング10打数連続安打【1998年4月22日】

4/22(土) 7:00配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は4月22日だ。

 2017年、故障者続出もあって湿りまくっているヤクルト打線だが、1998年のこの日は初回からすさまじい爆発を見せた。

 神宮での中日戦(神宮)、1回表に先制を許した後の1回裏の攻撃だった。中日先発の左腕・今中慎二に対し、先頭の飯田哲也が二ゴロの後、真中満が中前打を放ち、ムートンが四球の後、古田敦也が右越え二塁打、土橋勝征が中前打、池山隆寛が四球、馬場敏史が中前打、度会博文が敬遠四球、投手の宮出隆自も二塁打で打者一巡の猛攻。さらにたたみ掛けて、続く飯田が3ラン、真中がソロ本塁打、ムートンが左越え打、古田が四球、土橋が右前打、最後は池山が3ランで当時の日本最多連続記録である10打数連続安打で一挙13得点を挙げた。

 ただ、試合は以後ヤクルト打線が一気に湿り、対して中日打線が随所で加点したことで、終わってみたら15対6。大勝は大勝だが、ヤクルト・野村克也監督は試合後、「記録? 今中が悪過ぎただけや。3回以降は負け試合だな。明日につながる試合ではない」と仏頂面でぼやくことしきりだった。

 ただ、燕ファンはこの年に戻りたい、と思う必要はまったくない。前年日本一ながら、これが今季3勝目。3勝11敗で、今年より勝率の悪い最下位だった(最終的には4位)。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

カープ&ホークス ペナント制覇!
広島・ソフトバンクの歓喜の優勝シーン
祝勝会&優勝会見再録