ここから本文です

連休で疲れを残さないコツ 変化はストレスと考える

NIKKEI STYLE 4/22(土) 7:47配信

 こんにちは、精神科医の奥田弘美です。前回「『変化疲れ』が五月病の原因に 注意すべきはこんな人」では、良くも悪くも「変化」が多かった人や大きかった人は、五月病発症のリスクが高いという話をしました。今回はその後編として、「変化ストレス」を数値化した非常に有名な指標である「ストレスマグニチュード(社会的再適応評価尺度)」(表参照)を紹介します。また、変化ストレスが大きい人にとっての、連休中やそれ以降の過ごし方の注意点についても見ていきましょう。

■あなたはいくつ当てはまる? 変化が多い人ほどストレスは大きい

 これはもともと1967年にアメリカの心理学者Holms氏とRahe氏が開発した有名な尺度[注1]を日本人向けにアレンジしたものです。2012 年11 月に神戸市民1000 人を対象に実施したアンケート調査をもとに数値化しています。数字が大きいほどストレス度合いが高いことを示しています。

 このストレスマグニチュードを見ても、「睡眠習慣の変化」「仕事量の変化」「職場での責任の変化」「交友関係の変化」「転勤、単身赴任」「子どもの受験」などが60~50と中程度の点数になっています。また「自分の昇進・昇格」が37.9、「同僚の昇進・昇格」が37.6とほぼ同程度のストレス度合いになっているのも興味深いところですよね。

 さてあなたは、このストレスマグニチュードの中でいくつの変化をこの半年以内に体験したでしょうか? たくさんの変化を短期間のうちに体験すればするほど、あなたの受けたストレスが高いことになります。そしてあなたの体と心からはエネルギーが消費され、心身ともに疲労しています。

[注1]Holmes TH,et al.J Psychosom Res. 1967;2:213-8.

■この春「うれしい変化」が重なった人は特に注意

 特に気をつけてほしいのが、この春に「昇進」「異動」「プロジェクトリーダーへの抜てき」「子どもの卒業・入学」「新居への引っ越し」などうれしい変化が一気に重なった方です。元来、日本の春は天候も日々大きく変化しますので、この時期、誰もが気温差によって自律神経が疲労しています(自律神経は気温差が5度以上の環境変化を繰り返すと、バランスが崩れやすくなるといわれています)。

 さらに会社・学校関係が一斉に新年度に突入し社会的変化が重なるため、緊張度が知らず知らずに高まり、弱っている自律神経の疲労にさらに追い打ちをかけてしまいます。

 しかしうれしい変化が重なっている方は精神的に高揚しているので、悲しい変化・辛い変化が起こった時に比べて疲労度を感じにくくなっています。そのためエネルギーが消耗していることに気づかず、「期待に応えて成果を上げよう」「家族のために頑張ろう」と無理を重ねる恐れがあるのです。

 繰り返しますが今年の冬あたりから春にかけて多くの変化を経験した人ほど、「変化疲れ」が蓄積していることを自覚して、この連休中やそれ以降は次のような生活を心掛けてください。

1/2ページ

最終更新:4/22(土) 7:47

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。