ここから本文です

肉とソースにこだわり、揚げたてサクサク!横浜DeNAベイスターズのメンチカツ

4/22(土) 11:22配信

東京ウォーカー

横浜スタジアムに新名物。

横浜DeNAベイスターズは、球団オリジナルメンチカツ「ベイメンチ」(300円)を、4月21日(金)から横浜スタジアムコンコース内専用店舗で販売している。

【写真を見る】横浜DeNAベイスターズの球団オリジナル醸造ビール「BAYSTARS LAGER」と「BAYSTARS ALE」

“肉”と“ソース”、“揚げたてサクサク”が特徴の横浜スタジアムの新たな名物となる、球団オリジナルメンチカツ。監修は横浜・野毛の老舗洋食店「センターグリル」となっている。

昭和21年に創業し、71年の歴史を誇る「センターグリル」は、ケチャップナポリタン発祥店とも言われ、戦後間もない頃から今なお横浜の人々に親しまれている洋食店。肉の種類や比率、ソースの味などすべての工程で何度も試行錯誤を繰り返し、「ベイメンチ」は誕生した。

“肉”は地元・神奈川で生まれた国産ブランド「やまゆりポーク」と「やまゆりビーフ」を主に使用。大き目の粗挽き肉がジューシーな肉本来の味を引き出す。

“ソース”には、和風だしや醤油を使用した薄口の「ベイ メンチ」専用オリジナルソースを開発した。提供直前にソースにくぐらせることで、メンチカツ全体に味を染み込ませる。さらに“揚げたてサクサク”は、あえて薄い衣にすることで肉の味を生かした。

「ベイスターズ・ドッグ」、「青星寮カレー」、「ベイカラ」に加え、4つ目の球団オリジナルフードとして誕生した「ベイメンチ」。横浜スタジアムでしか味わえない新たな名物を片手に野球観戦を楽しもう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:4/22(土) 11:22
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。