ここから本文です

図解でよーくわかる! SNSで好かれる投稿&NG投稿を徹底研究♪

4/22(土) 18:30配信

集英社ハピプラニュース

◆好かれるインスタ投稿の秘密を徹底研究
「なんか頑張りすぎ……」を回避するには!? 読者から集まった「好感度の高いインスタ」「そうでないインスタ」目撃談を、わかるさんのイラストで再現。徹底的に研究します!

仲良くなりたい! OK投稿はこちら

◆目撃! NG投稿はこれだ
頑張りすぎと感じさせる要因は、“完全にSNSのために写真を用意していそうな「わざわざ」感”。背伸びして、等身大以上を演出しているように見える……まずは、そんなNG投稿を解説!

◆NGポイントを解説

1.プロフィール
≪伝えたい情報多過ぎ! もうお腹いっぱいです≫
自分のことを知ってほしいからと、情報を詰め込みすぎると「『fashion/beauty/travel/movie/pink/camera……』と好きなものが10個くらい書かれていて、もはやどれもそんなに好きじゃなさそう」 「プロフィール欄の文章が5 行を超えると、この人面倒くさそうだなって思う」 と逆効果に!

2.自分の顔
≪不自然な盛りテクは見透かされてる≫
「意味のないシチュエーションで自撮り」 「口角だけ上がってて目が笑ってない」というNOT自然体なもの、「ペットと一緒に写る。でもペットより自分のほうが盛れてる」 のような可愛く見せる演出、「『#すっぴん #可愛くない #ごめんなさい』タグ」など“そんなことないよ待ち”は共感されにくい。

3.彼氏関連
≪におわせてないで、顔を見せてごらん?≫
「仲よくつないだ手元のアップ」「並んで歩く二人の影」「自分の手をつないで引っ張る彼氏の背中」「彼氏に寄りかかって自撮り。彼は腕や肩しか見えない」……。彼(とはハッキリ言わないけど絶対にそう)の一部をぼんやり見せるあいまいな態度に「隠してないで顔見せなさい」と不満が噴出!

4.ごはん写真
≪食べ物写真のはずがメインが自分に!?≫
「食べ物と一緒になぜかキメ顔の自分を写す」「ピントが料理じゃなくて自分に合ってる」など、「食べ物より自分を盛ろうとしてる」写真はNGみたい。また、「毎週のようにホテルのアフタヌーンティーに行ってる」などの高級感漂う投稿が続くと、気軽に遊びに誘いにくい雰囲気を感じてしまう人も多し。

5.アイテム写真
≪手間暇かけた演出が裏目に出ているかも≫
「くしゃっとした白い布やファーを敷く」「花びらを散らす」など、小道具で必要以上に盛ると「手間をかけてセッティングしたんだな~と想像してしまう」そう。また、実物の色みが分からなくなるような加工には「このリップおすすめ、って言ってるのに色が違うから参考にならない!」という声が。

6.みんなとの写真
≪思いやりや協調性がこの1枚で試される≫
「自分の写りがいいからといって友達が目を閉じてたり、顔が切れてたりする写真を載せる人は、自分が最優先なんだろうな」「周りが笑ってるのに一人だけキメ顔だと、この子楽しくないのかな?って思う」。どの1 枚をセレクトするかによって性格までジャッジされかねない……それが集合写真!?

7.コーデ写真
≪コーデ写真と見せかけて主役は私≫
「コーデを載せる時のポーズが毎回毎回同じ。スタイルをよく見せたいっていうこだわりが強すぎる人は、洋服じゃなく自分を見てほしいのかな?と思ってしまう」との声。ブランドのタグづけは「参考になるけど、一番お気に入りのアイテム1つ分だけ、くらいがちょうどいいかも」という意見も。



ノンノ2017年5月号掲載

イラスト/わかる