ここから本文です

ハッシュタグ「#DisabledAndCute(障がい者&キュート)」が話題!

4/22(土) 22:10配信

コスモポリタン

アメリカ・ニューヨーク州ロックポートに暮らすジャーナリストのキア・ブラウンさん(25歳)は、麻痺のため体や筋肉を動かすのが難しいという症状を抱える女性。コスモポリタン アメリカ版によると、そんな彼女のあるツイートが今大きな話題を呼んでいるそう。

【この記事のすべての写真】

「(障がい者は)可哀想、そして憐みの対象と思われがち。でも障がいがあること=“魅力的じゃない“と考えるのは間違いよ」と語るキアさん。自分に自信を持ち、 “カワイイ““美しい“と思うことの大切さ、そして「障がいはネガティブなことではない」というメッセージを伝えようと、ある日ハッシュタグ「#DisabledAndCute(障がい者&キュート)」付きの自分の写真をツイートすることを決意した彼女。(写真左)

するとキアさんが予想もしなかったほどの大きな反響が。目に見える障がい、見えない障がい、国や人種、性別――そういった垣根を超え「#DisabledAndCute」が世界中に拡散され、たくさんの人たちが自分の魅力的な写真をSNSに投稿するムーブメントに発展!

その後、障がいのない人たちからもこのツイートが注目され、(障がいを持つ自身の)兄弟や子どもの写真の投稿も増加。慌てたキアさんが「(自分以外の人の)写真を投稿する場合は許可を得てから! プライバシーに配慮を」と呼びかけると、人びとは理解を示しマナーを守って投稿するようになったのだとか。

「障がいは、私の一部ではあるけれど、すべてではありません。『障がいがなければいいのに』なんて思ったこともないから、隠すなんてことも考えたことなかったわ」と語るキアさん。「#DisabledAndCute」が広まることにより、人びとがこういった話題をオープンに語るきっかけになれば、と考えているそう。

「主要なメディアで働く人や健常者に考えてほしいんです。私たち障がい者は“感動物語“を世間に広めたいわけじゃないし、憐れんでほしいわけでもない。才能があり、魅力的な1個人であることを分かってほしいんです」

事実、多くの人たちにとってこのハッシュタグが考えるきっかけになったはず。投稿に参加した人たちのパワーによって、今後もこのムーブメントは勢いを増していきそうです。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:4/22(土) 22:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。