ここから本文です

俳優デヴ・パテルが語る、成功、ファッション、「ノー」と言うことの大切さ

4/22(土) 22:10配信

エスクァイア

Dev Patel On Success, Style And The Importance Of Saying 'No'

 オスカー受賞作『スラムドッグ$ミリオネア』で、一躍スターの仲間入りを果たした、若手演技派俳優のデヴ・パテル。彼の最新主演作『LION/ライオン~25年目のただいま~』は、本年度のオスカーで6部門ノミネート。 
 
 デヴ・パテル自身、助演男優賞にノミネートされていました。そんな彼のインタビューをお楽しみください。

【映画 】Google Earthで25年ぶりに家族と再会、感涙の実話

本年度のオスカーノミネート俳優にインタビュー

 今年もアメリカをはじめとする世界中でアカデミー賞の話題で盛り上がりましたが、オスカー助演男優賞を誰が受賞するのかという話の中で、デヴ・パテルが有力では?と挙げられていました。 
 
 デヴ・パテルはロンドン生まれの26歳。ティーン向けドラマ「スキンズ」でデビューし、2008年にはオスカー受賞作『スラムドッグ$ミリオネア』に出演。映画、『LION/ライオン~25年目のただいま~』での熱演により、オスカーとバフタ(英国アカデミー賞)の双方で助演男優賞候補に挙がっていました。そして、バフタのほうは授賞という結果に…。 
 
 『LION/ライオン~25年目のただいま~』は、20年前にコルカタのスラム街で親切なオーストラリア人夫妻に引き取られた青年が、Google Earthを使って母親や兄弟を探し出すという、信じ難い実話に基づいた物語となっています。役者としての成功だけでなく、今風の髪型と粋な服装で登場するデヴは、お洒落なスターが大勢いるイギリス映画界のなかで、最もスタイリッシュな俳優の一人としても売り出し中です。まさに、見ていてわくわくする存在なのです。 
 
 そんなタイミングで、「エスクァイア」はデヴもインタビュー。影響を受けた言葉、ラッキーソックス、「ノー」というべきときについて語ってくれました。

エスクァイア編集部(以下、編集部):これまでで一番影響を受けた言葉は何ですか? 
 
デヴ・パテル(以下、パテル):インドの哲学者ヴィヴェーカナンダの言葉で、「自己とは、自分の思考が作り上げたものである。したがって、自分が考えていることに意識を向ける必要がある」というのがあります。これまで自己肯定感をもてないこと、アウトサイダーのような感覚に大いに悩んできたので、この言葉を座右の銘にしようと思ったのです。意識的に前向きな考え方をするようにしたら何かが変わるのか、確かめながら暮らすようにしています。今のところ、とてもうまくいっていますよ。 
 
 
編集部:あなたはとてもお洒落ですよね。自分のファッションについてどう思いますか? 
 
パテル:俳優の仕事以外のときは、2種類のファッションを使い分けています。家に居るときはヨレヨレのTシャツとボサボサの髪。でも、人前に出るときは、ファッションにこだわいますね。せっかく上等のスーツを着ることができて、紳士の気分を味わえる機会があるのですから。嫌な感じ…と言う人がいるかもしれないけど、華やかな場所にドレスアップして出掛けられる、その気分が大好きなんです。 
 
 
編集部:スーツを選ぶときは何を重視しますか? 
 
パテール:バーバリーなど、いくつかのブランドと付き合いがあって、そうしたブランドは僕の好みを知ってくれていて、上背があり痩せている僕に似合うスーツの形も分かってくれているので助かります。細部まできちんと作られたものが好きですね。でも、それ以外はできるだけシンプルなものがいい。濃紺やグレイが好きですね。

1/3ページ

最終更新:4/22(土) 22:15
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます