ここから本文です

EL準々決勝がイブラヒモビッチのラストマッチ? 右膝を負傷、今季絶望でユナイテッド退団も

4/22(土) 8:50配信

Football ZONE web

EL準々決勝アンデルレヒト戦、ジャンプ後の際に不自然な形で着地

 マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは現地時間20日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝アンデルレヒト戦(2-1)でジャンプ後の着地時に膝を負傷して途中交代となった。英メディアではシーズン絶望、そしてイブラにとって“赤い悪魔”の一員としてのラストゲームとなる可能性を指摘している。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 イブラは今季ELでの5得点を含め、公式戦28得点を挙げていたが予想外にアクシデントに見舞われた。アンデルレヒト戦の後半アディショナルタイムに空中戦で競り合った際、不自然な形のまま右足で着地してしまい、右膝を負傷。カリスマFWは痛みに顔をゆがめ、そのまま担架に乗せられてピッチを去った。

 ユナイテッドは前半にDFマルコス・ロホも負傷交代。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後に「彼らは軽い怪我ではないと思っている」と頭を抱えている。

 イブラの負傷に関して詳細はまだ明らかとなっていないものの、英紙「インディペンデント」は今季の残り試合を欠場する可能性があるとしている。

 記事ではイブラの負傷シーンは2016年2月にチェルシーのフランス代表DFクルト・ズマが膝を故障した際に似ていると指摘。ズマはユナイテッドとのリーグ戦で同じように着地のシーンで膝を捻り、前十字靭帯損傷で約9カ月間の戦線離脱を強いられた。

1年契約で1年の延長オプションも…

 シーズンは残り1カ月あまりと佳境を迎えるなか、手術が必要な大怪我であれば今季中の復帰は絶望的になるだろう。ユナイテッドは今後リーグ戦7試合、EL準決勝の2試合と最低でも9試合を戦う。ELで勝ち進んだ場合は決勝を含めた10試合となるが、これらの試合でイブラ不在となれば大きすぎる痛手となる。

 そして、このことはイブラヒモビッチの去就にも影響を及ぼすのではないかと見られている。同選手は昨夏に1年契約でユナイテッドに加入し、1年契約延長オプションを有するが、これを行使するか否かはいまだ明らかとなっていない。怪我の程度次第で契約満了で退団という可能性もあり、将来が不透明な状況になったとレポートされている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/22(土) 8:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新