ここから本文です

『美女と野獣』を歌うジョン・レジェンド、今後はVRアニメ『レインボウ・クロウ』出演

4/22(土) 21:10配信

MEN’S+

世界中で旋風を巻き起こしている話題の映画『美女と野獣』。その主題歌をアリアナ・グランデとのデュエットにより、力強い声で披露したジョン・レジェンド。そんな彼が今後は、VRアニメ『レインボウ・クロウ』で声優を務めることが決定しました。

 ネイティブ・アメリカンについて扱っているVRアニメ『レインボウ・クロウ』。ジョン・レジェンドは、このシリーズについて「このストーリーは、“コミュニティ(共同体)”について考える作品でもあるんだ。そして愛、多様性、犠牲、そして良いことのために何かしよう、ということについて描かれている」と、説明しています。
 
 シリーズ第1話は、(先住ネイティブ・アメリカン部族の)レペナ族の間に言い伝えられている「火の起源」についての話になります。この作品は、毎年4月にニューヨークで開催される「トライベッカ映画祭」で初披露することに。
 
 ジョンの役どころは暗く寒い時代において、他の動物たちのために暖かさを取り戻す能力をもった“鳥”。このことに対しジョンは、「アメリカの過去、そしてネイティブ・アメリカンの言い伝えを現代的な方法で伝えるストーリーになるよ――『過去と現在を掛けあわせてこそ、素晴らしい作品はできる!』と思っているんだ。このVRアニメという方法は気に入っている。このプロジェクトで最後まで進めていけたらな、って願っているよ」とコメントしています。
 
 アワードを総なめした映画、『ラ・ラ・ランド』にも出演していたジョン。「このVRアニメ『レインボウ・クロウ』のテーマは、自身のいくつかの楽曲に通ずるものがあるんだ」とも述べています。 
 
 『エンターテイメント・ウィークリー』誌のインタビューの中でジョンは、「アートというものは、愛についてや人と人のつながり、お互いの人間性を察するために最も有効な媒介だと思っているんだ。だから、アーティストとして音楽を作る自分も、これらのことと大きく関係しているんじゃないかなって感じているんだよ。そう、僕たちはクリエイティブでなければならないし、革新的で前向きでいなくてはならない。もちろん革新をおこなう際は、過去に対して敬意を払うことを決して忘れてはいけないと思っているよ」と、語っています。
 
 歌手ジョン・レジェンドは、VRアニメ『レインボウ・クロウ』の声優を務めるほか、監督とエグゼクティブ・プロデューサーとしても携わるそうです。

MEN’S+/BANG SHOWBIZ

最終更新:4/22(土) 21:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!