ここから本文です

日本3大会ぶり2度目V! 三原&樋口が日本最高得点連発 ロシアを振り切る

4/22(土) 18:41配信

THE ANSWER

世界国別対抗戦最終日、三原、樋口が女子フリーで歴代日本最高得点

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は最終日の22日、日本が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。合計109点で、105点の2位ロシア、97点の3位アメリカを振り切った。

【画像】「グレート!」な衣装にも注目…羽生結弦&宇野昌磨の”名シーン”ギャラリー

 首位で最終日を迎えた日本は、ペアのフリーで須藤澄玲、フランシス・ブードロオデ組が97.57点で最下位の6位。チーム得点7点と伸ばせなかったが、合計88点でトップを守り、86点のアメリカが2位、85点のロシアが3位で最終種目の女子フリーを迎えていた。

 女子シングルのフリーでは、樋口新葉(日本橋女学館高)がフリー日本歴代最高の145.30点をマーク。続く三原舞依(神戸ポートアイランドク)が樋口を抜く146.17点を叩き出した。世界女王・メドベージェワ(ロシア)に抜かれたが、三原が2位、樋口が3位に入り、ロシアを振り切った。

 今季最後の公式戦を、日本が最高の形で締めくくった。

 大会結果は以下の通り。

1位 日本 109点
2位 ロシア 105点
3位 アメリカ 97点
4位 カナダ 87点
5位 中国 80点
6位 フランス 62点

 ○世界国別対抗戦日本代表メンバー

男子シングル 羽生結弦、宇野昌磨
女子シングル 三原舞依、樋口新葉
アイスダンス 村元哉中、クリス・リード
ペア 須藤澄玲、フランシス・ブードロオデ

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:4/23(日) 10:06
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。