ここから本文です

小野、浦和サポーターの拍手とブーイングに感謝 思い出の地で「嬉しかった。気持ちは伝わる」

4/22(土) 19:06配信

Football ZONE web

後半34分、古巣戦で途中出場 浦和サポーターは敬意を込めてブーイング

 コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二は、22日のリーグ戦で浦和レッズとの古巣対決を迎えた。実に清水エスパルス在籍時の2011年6月18日以来となる、かつてのホーム・埼玉スタジアムでのゲームでは、浦和サポーターから拍手とブーイングによる両極端な歓迎を受けたが、その全てに笑顔で「嬉しかった」と振り返った。

【動画】YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開された、浦和の「札幌戦全3ゴール」

 小野は清水商業高校(当時)から1998年に浦和に入団すると、すぐに中心選手としてプレー。デビュー年の6月にはフランス・ワールドカップに18歳で出場した。その後にオランダ移籍を経て、2006年に浦和へ再加入。リーグ優勝とアジア王者を勝ち取ったチームの一員として、浦和サポーターに愛されてきた。

 小野はシーズン開幕時に負傷があり、「自分も怪我がどうなるか分からなかったけど、ここにはどうしても来たいと思っていた」と話した。その言葉の通りに4月に入って戦列に復帰すると、公式戦3試合に出場してこのゲームに臨んだ。ベンチスタートとなったが、試合前のウォーミングアップや選手紹介では、古巣の浦和サポーターから大きな拍手を受けていた。

 そして後半34分、浦和が3-1とリードする場面で交代出場。ピッチ脇でスタンバイしていた時点では、試合中にもかかわらず浦和サポーターから盛大な拍手を受けたが、ピッチに入った瞬間にそれは盛大なブーイングへと変わった。ただし、敵意をむき出しにしたものではなく、浦和のサポーターにとっては、自チームの脅威になる選手だからこその敬意を込めたブーイングだった。

「ブーイングだなと。それが当たり前」

 小野自身にも、その思いは伝わっていたという。

「来る前は拍手かブーイングかどっちかなと。たくさんの人が拍手してくれて嬉しかったですね。(ピッチに入った時)あ、ブーイングだなと思いましたけど、それが当たり前のことでね。気持ちは伝わるし、終われば拍手で送ってくれるので、本当に感謝しています」

 アディショナルタイムを含めても15分弱のプレーに「色々やりたいとは思ったけど、何にもできないで」と振り返ったが、後半42分にDF福森晃斗が直接フリーキックを決めて1点差に迫った場面では小野もキッカーの位置に立ち、プレッシャーを掛けた。「蹴りたかったんですけど、あの距離とコースだとフク(福森)が左足で蹴った方が良い」とキッカーを譲ったのだと明かす。

 試合後には浦和サポーターから大きな拍手を浴び、スタジアムの四方向全てに手を挙げて応えていた。小野にとって、浦和のサポーターは今でも特別な存在であるようだ。

1/2ページ

最終更新:4/22(土) 21:49
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新