ここから本文です

CLでの誤審騒動も影響? セリエA、来シーズンからビデオ判定導入へ

4/22(土) 19:00配信

SOCCER DIGEST Web

日程の余裕がないためコッパ・イタリア決勝でのVAR採用は回避

 試合の行方を左右する微妙な判定を何時間も議論する――。イタリアのテレビ番組で見かけるそんな光景も、来シーズンから減っていくのかもしれない。
 
 イタリア審判協会のマルチェッロ・ニッキ会長は現地時間4月21日、来シーズンのセリエAで「ビデオアシスタントレフェリー(VAR)」を導入すると発表した。国際サッカー評議会の承認を得ることができれば、8月の開幕戦からビデオ判定を開始する。
 
 セリエAではすでに今シーズンから、VARが試験導入されている。まだ主審とビデオルームを繋いではいないが、正式採用に向けての準備を進めてきた。ニッキ会長は、当初予定されていた2018-19シーズンではなく、1年前倒しての正式導入に踏み切ると明かした。
 
 サッカー界ではつい先日、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝・第2レグのレアル・マドリー対バイエルン戦で誤審が騒がれたばかりだ。
 
 延長戦の末にマドリーがバイエルンを沈めたこの試合では、勝敗を決定付けた延長戦でのクリスチアーノ・ロナウドの2ゴールがオフサイドだったことが、映像で明らかに。後半のアルトゥーロ・ビダルに対する退場の判定も微妙なものだったことで、試合後に大きな議論を呼んだ。
 
 バイエルン陣営は怒りを露にし、カルロ・アンチェロッティ監督は試合後、「これまではビデオ判定導入に反対だったが、今では絶対に必要だと考える。CL準々決勝のような重要な舞台で、審判が試合を決めてしまうようなことがあってはならない」と、VAR賛成派への転向を明かしている。
 
 世界中で大騒動となったCLでの誤審問題が後押しになったわけではないだろうが、イタリアは他の欧州主要リーグに先駆けて、リーグ戦でVARを導入することになった。
 
 なお、ニッキ会長によると、ファイナリストのラツィオが要請していたコッパ・イタリア決勝でのVAR採用はないとのことだ。
 
 ラツィオと対戦するユベントスがCL決勝に勝ち進んだ場合、コッパ・イタリア決勝は5月17日開催に前倒しとなる。イタリア『スカイ・スポーツ』などによると、日程の余裕がないなか、決勝という大舞台でいきなりVARを正式導入するというリスクを回避したようだ。

最終更新:4/22(土) 19:00
SOCCER DIGEST Web