ここから本文です

【プリキュア】美山加恋「いつも台本に目標をひとつ書くようにしています」

4/23(日) 5:00配信

ザテレビジョン

毎週日曜朝8時30分に放送中の「キラキラ☆プリキュアアラモード」(テレビ朝日系)。14作目となる今作は、「スイーツ」と「アニマル」を掛け合わせた“アニマルスイーツ”をモチーフにしたプリキュアたちが、スイーツショップ「キラキラパティスリー」でパティシエをしながら思いの詰まったスイーツを守っていく。

【写真を見る】「キラキラ☆プリキュアアラモード」で初めての主演となった美山に直撃!

主役のキュアホイップ/宇佐美いちかを担当し、本作で声優として初主演を務める美山加恋にインタビューを敢行。初めての主役、“プリキュア”へ込めた思い、福原遥ら共演者たちとのエピソードなどについて、語ってもらった。

■ キャラクターの心情を深く掘り下げている作品だと思います

――「キラキラ☆プリキュアアラモード」の魅力について教えてください。

私が演じるキュアホイップはショートケーキとうさぎがモチーフのキャラクターなんですが、キャラクターはそれぞれ過去やエピソードにまつわるモチーフになっています。いちかには、お母さんが昔作ってくれた思い出のスイーツが“ショートケーキ”というエピソードがあります。

キャラクターの心情を深く掘り下げている作品だと思いましたし、お子さんにも分かりやすい作品になっているかと思います。それに、パティシエって女の子が一度は憧れますよね。

今回は、視聴者の方にもおうちで作っていただけるようにスイーツレシピも紹介しています。ストーリーも楽しんでもらいながら、「このスイーツを作ればプリキュアになれるよ!」というような楽しさも共有できる作品だと思います。

■ 大人でも泣ける作品なんだって感じて、うれしかったです

――主役に抜てきされて、周りからの反響はいかがですか?

映画公開のタイミングで(舞台あいさつなどで)全国に行かせていただいたときに、お子さんと会うことも多くて。みんなプリキュアのコスチュームを着てくれていたり、ショップで買ってきてくれた人形を持ってきてくれたり、プリキュアに会える時間を楽しみにしてくれていたんだなってうれしくなりました。初日の朝早くからたくさんのお子さんが来てくれて、“プリキュア”はすごい作品だなって実感しました。

――大人も楽しめる作品になっていますよね。

大阪で舞台あいさつをした後、京都に泊まったとき、夜11時半くらいに“プリキュア”の映画のナイト上映に行ってみたんです。遥ちゃんと(村中)知ちゃんと3人でのぞきに行って、もちろん大人しかいなくて。そしたら、私の隣の隣にいた男の人が私が泣いたタイミングで泣いていて。大人でも泣ける作品なんだって感じられて、うれしかったです。大人にも刺さるんだなって。

■ “プリキュア”が大好きな人たちが集まっているんだと思います

――共演の皆さんとのエピソードを教えてください。

みんなすごく仲良しです! 喋りだすと止まらなくって、5人で取材する場合、インタビュアーさんの質問が1だとすると10で返すみたいな感じになってしまうくらい(笑)。それくらい本当に仲が良くて、個性も良い意味でバラバラなんです。お姉さんの(森)なな子さんと(藤田)咲さんに頼ったり、このタイミングはかわいい遥ちゃんに話してもらったり、とそれぞれ役割がありますね。

――女優としても活躍されている美山さんですが、声優としての難しさはどんなところですか?

毎回、次はここを直そうと思うくらい学ぶことが多いんです。いつも台本に今回の目標を一つ書くようにしています。細かいことだと声の出し方とか、“マイク乗り”だったり、技術的な面はいつも学ぶことがたくさんあります。

“プリキュア”って収録の日に初めて画を見るんですね。だから、その画にせりふをどう合わせればいいのかを考える時間がタイトなんです。声優さんは引き出しがたくさんあるので、その判断がとても早いのですが、私はまだ声優としてのお仕事はTVアニメがニ作品目なので、なかなか引き出しも少ないですし、タイムも見なきゃいけないくて手いっぱいになってしまうんです。

そこでいつも悩んでしまうんですけど、5人の中で一番ベテランの咲さんに相談したら、「タイムとかはのちのち頑張ればいいから、そこよりも役の魅力を出すのが一番大事。加恋はそれが一番できるはず!」ってアドバイスしてもらって。最近は、気負い過ぎずにいちかちゃんを楽しく演じればいいんだなっていうふうに思いながら演じられているような気がしています。

――すてきな先輩方に囲まれていますね。

すごく心強いです。まだ、ゆかりさんとあきらさんの高校生組が登場していない回の収録にも、雰囲気を見るために咲さんとなな子さんが現場に来てくれたんです。

みんな“プリキュア”にすごく気合を入れているんだな、大好きなんだなっていうのをとても感じましたし、スタッフさんもみんなプリキュアが大好きなんだと思います。だから、みんなで一丸となって頑張れているんだろうなって思います。“プリキュア”が大好きな人たちが集まっているから、私たちも伸び伸びお芝居ができてるんじゃないかなと思います。

■ みんなで温泉旅行に行きたいです!

――今後はどのようなお仕事をしてみたいですか?

声優としては、少女漫画をアニメ化した作品のヒロインが今やりたいです! キュンキュンしたい!(笑) そういう作品が大好きで見てきたので、いつかやってみたいですね。

――女優としてはいかがですか?作品を選ばず映画をとにかくやりたいです。今は映画を1年に1本くらいのペースでやらせていただいてるので、1年でもっといろんな作品を経験させていただければなって思ってます。

――20歳になりましたが、やってみたいことは?

バーに行ってみたいです! けど、どこにあるか知らないんです(笑)。

19歳の遥ちゃんが20歳になったら、みんなでお酒を飲みに行こうって話をしているんですね。だから、みんなでバーに行きたいですね!

――本当に皆さん仲良しなんですね。

私が車の免許を取れたら、みんなでドライブしたいですね。私の運転でみんなで温泉に行きたい! もう思い浮かびますもん、どういう感じか(笑)。なな子さんはお風呂に入った後にビールを一番に飲むタイプ。知ちゃんは計画的も大ざっぱなところもあって、景色に感動して叫んでそうですね。遥ちゃんは、お風呂でかわいくちゃぷちゃぷやってそう。咲さんは仕切ってくれるんです、いつも。だから、「はい! みんな次はここ行くよ!」って先頭に立ってくれそうです。

私はドライブするだけで(笑)。

――最後にメッセージをお願いします。

ちっちゃな女の子たちにはドキドキしてもらえると思いますし、“プリキュア”たちを一生懸命応援してもらえるポイントもある作品になっています。家族みんなで応援してもらえる“プリキュア”だと思いますので、テレビの前で応援してもらえたらうれしいです、

“プリキュア”15周年に向けて、「キラキラ☆プリキュアアラモード」から盛り上がっていくと思いますので、ぜひたくさん応援していただければと思います!

【第12回(4月23日)あらすじ】

いちか(声:美山)たちの中学校に、男子転校生の黒樹リオがやってきた。イケメンなリオは、転校初日からクラスの女子たちのアイドルに。さらに、スポーツも得意なリオは男子たちともすぐに仲良くなる。アッと言う間にクラスみんなの心を掴むリオ。しかしいちかは、あることが気にかかっている。それは、リオの転校初日に“宇佐美いちか”とフルネームで呼ばれたこと。初めて会ったのに、なぜ名前を知っていたのか…。

そんなある日、新作スイーツとしてカップケーキを作ってみようと考えたいちかは、クラスメイトのりさ、それにリオも誘ってキラパティの厨房で一緒に作ることに。しかし、りさとリオはスイーツ作りが苦手だと言い、いちかだけ作ることに。2人に見守られながらカップケーキづくりに奮闘するが、なかなか上手に作れず苦戦。そんないちかを見て、スイーツ作りは苦手なはずのリオが、上手な泡だて方のアドバイスをする…。

最終更新:4/23(日) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)