ここから本文です

「夜の生放送」に活路を見い出すテレビ朝日 その狙いは?

4/23(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 4月の番組改編で、他局とは違った動きを見せたのがテレビ朝日だ。最近ではめっきり数が減った夜の生放送番組を相次いで投入しているのだ。その狙いについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 22、23日に報道・情報番組『サタデーステーション』『サンデーステーション』(ともに20時54分~)がスタートします。さらに、18日には『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(23時15分~)がスタート。つい先日までその時間帯に放送されていた『中居正広のミになる図書館』がゴールデンタイムに移動(20時~、初回は19時~2時間SP)して、24日にスタートします。

 3番組の共通点は生放送。現在、民放各局でゴールデンタイムに生放送されているのは、『ミュージックステーション』だけであり、いかに異例であるかが分かります。しかも、これらの番組を制作しているのはすべてテレビ朝日。なぜ他局が避ける生放送という独自路線を進もうとしているのでしょうか。

◆生放送ならではの緊張感とハプニング

 ネットの普及でクレームが寄せられやすくなり、コンプライアンスへの配慮が求められるなど、以前よりも放送内容の精査が必要な時代になりました。当然ながら生放送は編集ができないため、その精査はすべて事前に行わなければいけませんし、時間やカメラワークなどのミスも許されません。

 さらに、コメントも一発勝負。シンプルにズバッと言わなければいけないため、出演者にかかるプレッシャーは収録の比ではなく、実際「あんなことを言わなければよかった……」「あっちのギャグならスベらなかったかも……」と後悔するタレントをよく見かけます。

 そんなハードルが高く、リスクの大きい挑戦に挑む最大の理由は、「生放送ならではの緊張感とハプニングが期待できる」から。

 たとえば、その日のタイムリーなニュースを伝える『サタデーステーション』『サンデーステーション』は、トラブルの心配こそ少ないものの、“インフルエンサー”(世間への影響力を持つ人)という一風変わった肩書きで出演するディーン・フジオカさんの言動には、いい意味での緊張感があります。世界をまたにかけて活躍し、3児の父でもあるディーンさんが、生放送でどんな表情とコメントを見せるのか? さまざまなニュースをどう斬っていくのか? まったく読めないだけに、通常の報道・情報番組とは異なるワクワク感があるのです。

1/3ページ