ここから本文です

たらの芽も新じゃがもアッツアツをいただきます!春を感じる天ぷら5選

4/23(日) 11:30配信

東京ウォーカー

春に旬を迎える食材がかなり出揃ってきた今日このごろ。旬の食材を揚げものにして味わってみませんか? 今回は天ぷらとかき揚げをご紹介。ぜひ試してみて。

【写真を見る】「とりとそら豆のかき揚げ」

■ 【たらの芽の天ぷら】(1人分338Kcal、塩分2g、調理時間10分)

<材料・2人分>たらの芽 8個、ころも(小麦粉大さじ3、水大さじ4)、さんしょう塩(粉ざんしょう少々、塩少々)、揚げ油

<下ごしらえ>

たらの芽の根元のかたい部分を切り落とす。外側の汚れた葉を取り除き、ごみがついている場合は、水洗いすると香りがとぶので、手で払って除く。葉先のほうがやわらかく、早く火が通るので、均一に火が通るように根元に一文字に切り目を入れる。

<作り方>

1. たらの芽は、下ごしらえをする。

2. 小麦粉に水を加え、軽く混ぜてころもを作る。

3. たらの芽をころもにくぐらせ、葉先についたころもを指で軽くしごいて薄くし、中温(170℃)の揚げ油に入れてからりと揚げる。器に盛ってさんしょう塩を添える。

春の食材をそのまま天ぷらにするのも美味しいですが、ほかの食材と合わせてかき揚げにするのもおすすめです。でもかき揚げは形が崩れやすいのが難点…。まずはかき揚げのたねを大きめのスプーンやお玉の上で形を整えて、油に滑らせるように入れれば、バラバラにならずにキレイに揚げることができますよ。



■ 【とりとそら豆のかき揚げ】

とりむね肉とそら豆を使ったボリュームたっぷりのかき揚げ。青のりの風りがほのかに広がります。



■ 【桜えびのかき揚げ】

桜えびに新玉ねぎをプラス。辛みの少ない新玉ねぎと桜えびの相性が抜群です。



■ 【わかめと新じゃがのかき揚げ】

新じゃがのカリカリとした食感と磯の香りが食欲をそそります。生わかめは必ず水で洗ってから料理に使ってくださいね。



■ 【スナップえんどうのかき揚げ】

3~6月に旬を迎える「スナップえんどう」。ハムやホールコーンといっしょに揚げれば、こどもも大喜びです。



揚げものはやっぱり揚げたてが一番美味しい! 食卓でアツアツをいただきましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:4/23(日) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。