ここから本文です

NGT48西潟茉莉奈「メンバーに対してすっかり親目線になっちゃってて…(笑)」

4/23(日) 19:00配信

BEST TIMES

4月12日(水)発売のシングル『青春時計』でついに全国に打って出る、AKB48国内5番目の姉妹グループ「NGT48」。新潟県を活動拠点とし、地域活性化をテーマに2015年に結成されたグループだが、今回のメジャーデビューをきっかけに、もっと彼女たち個人のことをみんなに知ってほしい! と言うことで、それぞれのパーソナルに迫るインタビューを短期連載! 

第2回AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション(※編集部注 48グループ全チームの代表が協議の上、候補者の中から 新たなチームメンバー指名するイベント)でNGT48のオープニングメンバーとして指名され、19歳で新潟に越してきたがたねぇこと西潟茉莉奈。そのニックネームから今回は、「妹にしたいメンバーBEST3」を指名してもらった。

――がたねぇと呼ばれている西潟さんには、NGT48のメンバーの中で、「妹にしたいと思うメンバーBEST3」をお伺いしたいと思います。

西潟 はい。えーと…そうですね…。この質問、かなり悩みますね…。

――NGT48は、10代の子が多いですよね。

西潟 そうなんですよ。25歳の北原里英さん、柏木由紀さんにつづいて、私が21歳で、NGT48の中ではかなり年長さんな方なんです。だからメンバーのほとんどが、妹みたいなものなんですよ(笑)。

――メンバーのお姉さん的役割なんですね。

西潟 なんていうんですかね、どの子もみんな可愛いから、メンバーに対して、すっかり親目線になっちゃってて…(笑)。

――そんな中から3人選ぶのは難しいとは思いますが、3位からいってみましょうか! 

西潟 はい。3位は高倉萌香ちゃんかな。よくLINEで相談してきてくれるんですよ。何かあると頼ってきてくれるので、「かわいいなぁ~」って思っています。相談の内容は、真面目な相談から、NGT48の活動の中での些細なことまで色々です。あ、お洋服のコーディネートについてもいろいろ聞いてきてくれたりします。頼られると、なんか、うれしくて♡

――色々なことを相談されるなんてさすがです! では、2位は? 

西潟 角ゆりあちゃん♡ ですね♡

――ほほぅ。どのあたりが妹にしたい萌えポイントなんですか? 

西潟 何かと慕ってきてくれるんですよ。お洋服をあげたことや私の家にお泊りに来たこともあるんですよ。ごはん作ってあげたり、かなりお母さん的なことをしちゃいました。確か、タコライスを作ってあげたと思います。ひとり暮らしをするようになってから、料理を結構するようになりてました♪

――おおお、西潟さんお手製のタコライスなんて、夢のようだぁぁぁ。

西潟 あはは♪

――タコライス以外には、どんな料理を作りますか? 

西潟 タラコ生クリームパスタにハマってます♡ 美味しくするコツは…愛情を込めること、ですかね♡ 特別すごくおいしいってほどのものが、作れるわけじゃないんですけど、愛情は必ず込めるようにしています。タコライスは、実家にいるときから作っていた料理なんですよ!  家に遊びに来てくれたメンバーにごちそうすることがあるんですが、みんなおいしいって言ってくれます♡

――いつか、オリジナルの料理本を出しちゃったりして? 

西潟 いいですね!!  憧れます♡ ひとり暮らしをしてみて、食事の大切さを実感したんです。美味しく作ることはもちろん、栄養バランスについても考えたりしているので、少しずつ勉強して、お料理本が出せるようになれたらうれしいです! 

――出身は東京都なんですよね。新潟でのひとり暮らしはどうですか? 

西潟 ドラフト会議で指名いただいて新潟に19歳のときに来たんですけど、実際は東京でのお仕事も多いので、実家と新潟と半々って感じですね。初めて新潟に行ったのは5月くらいで、晴れている日で温かかったので、東京とあまり変わらないな~って思ったのを覚えています。あ、お寿司が別格においしい! って思いました♡ 気を付けないと、食べ過ぎちゃうのが困りものです!! 

―――ははは。新潟って本当においしい食べ物ばかりですもんね(笑)。では、脱線してしまいましたが、では第1位は? 

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。