ここから本文です

とにかく腹を割る。毛沢東とブレジネフを攻略した、田中角栄の戦術と戦略

4/23(日) 18:00配信

BEST TIMES

中国、ソ連という二つの共産主義国トップと渡り合った田中角栄。その外交手腕を「永田町のなまず」と呼ばれた平野貞夫が解説。氏の新刊『角栄―――凄みと弱さの実像』より紹介する。

なぜ毛沢東やブレジネフは角栄とウマがあったのか

  角栄が日中国交正常化の大きな土産を持ち帰った後の1972(昭和47)年10月には、国交正常化の印として中国から上野動物園に送られるパンダがやって来る予定でした。新聞は角栄外交の大きな成果としてこれを持ち上げました。すると、自民党からは解散を唱える声が上がりました。しかし角栄はこれを受け入れず、解散は12月にずれ込みました。結果は、自民党の議席を減らす敗北になりました。

 ですが、角栄はあまり気に留めていなかったようです。確かにまだ政権はスタートしたばかりでいくらでも挽回の可能性はありました。佐藤昭の『日記』にはこうあります。「結局、衆院選は日中ブームが去った後の十二月にずれこみ、自民党は議席を減らす結果に終わった。せっかくのチャンスをみすみす逃したと感じた議員もいたに違いない。しかし、田中の目はいつも先を睨んでいた。中国に行く前から、私にはこう言っていたのだ。『中国の次はソ連だ、ソ連だよ』」

 そして翌73(昭和48)年の9月から10月にかけて、角栄はフランス、イギリス、西ドイツ、ソ連を歴訪。モスクワを訪れたのは、戦後の首相としては鳩山一郎(1883~1959)以来二人目でした。

 フランス、イギリス、西ドイツで話し合われたテーマは資源でした。「資源外交」です。

 ところが、モスクワでの角栄は違っていました。ブレジネフ書記長とコスイギン首相と会談した際、いきなり北方領土問題を取り上げたのです。それに対し、ブレジネフがチュメニ油田開発や天然ガス、鉱物資源について話して日本の協力を求めますが、角栄は再び北方領土の返還に話を戻します。

 そして共同声明に「第2次大戦の時から未解決の諸問題を解決して平和条約を締結する」との文言を入れることで合意した時も、角栄はブレジネフに「未解決の問題で最も重要なのは、歯舞、色丹、国後、択捉の4島のことでよいか」と迫り、二度もブレジネフに「ダー(その通り)、ダー」と言わせています。
 この中国も合わせたソ連という二つの共産主義国トップと渡り合った角栄のやり取りについてですが、そこでは前項でも触れた、「なぜ中国だったのか」という問いの答えも含まれています。そこには角栄らしい計算と腹づもりもあったのです。後年に角栄はこんなことを話しています。

 毛沢東、周恩来の目玉の黒いうちにやらなきゃと思ったんだよ。ふたりは何度も死線をくぐって共産党政権をつくった創業者だ。中国国民にとって肉親を殺されたにっくき日本と和解して、しかも賠償を求めないなんて決断は、創業者じゃないとできないんだ。毛沢東と周恩来が言えば、中国国民も納得する。ふたりがいなくたって二代目になったら、日本に譲るなんてことはできるわけがない(早野透『自画像』)

 ブレジネフについても、同書にこうあります。

「ブレジネフのような戦争の苛烈さを知っている世代の指導者は、妻子を置いて博打をするような愚かなまねはしない、心配なのは数字と理屈の教条主義で割り切ろうとする党官僚が次なるトップになることだという話である」

 もちろん、口にしないだけで周到な用意がないと出来る話ではないので〝土建屋のオヤジ〞上がりという〝庶民派宰相〞を意識して演じた出来過ぎた話のようにも聞こえますが、外交とは相手のいる話ですし、腹を割って話せばなんとかなるというのが得意技の角栄にしてみれば、一番の本音でもあったのでしょう。

(『角栄―――凄みと弱さの実像』より構成)

文/平野 貞夫

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。