ここから本文です

ブルゾンちえみさん、コシノ先生風ヘア&メイクが若い女性に人気

4/23(日) 0:10配信

25ansオンライン

恋をすると女芸人は、いきなり、つまらなくなる」とは上沼恵美子さんの弁。久本雅美さんも「好きな人が舞台を観にきてくれたときは『ヨロチクビ~』が小さめになった」と振り返ります。
ですが、どうでしょう。いまは森三中の村上知子さんや大島美幸さんを筆頭に、妻やママでもある女芸人さんが数多くいらっしゃり、独身時代と変わらぬネタで勝負していらっしゃいます。また、男性の存在をチラつかせる渡辺直美さんや横澤夏子さんは、実際にモテているのだろうと思わせる方たち。そして本当に女芸人さんが増えてきているのです。なかでも増加の一途を辿るのは、件の渡辺さんや横澤さんのような一人コントなるジャンル。
果たして彗星の如く現れたのが、芸歴2年ながら『R-1ぐらんぷり』ファイナリストになったブルゾンちえみさんです。

山田美保子の美人コレクター【橋本マナミさん】

身長155cmで体重は恐らく50kg後半から60kg前半と思われるグラマラス体形。胸元やウエスト回りがパッツンパッツンの(昔の)キャリアウーマン風ファッションが、いま、もっともウケている彼女の“勝負服”です。長身でイケメンの男性コンビ『ブリリアン』を従え、「With“B”」としたのは、かの林真理子さんが「女にとって理想の状況」と著書に記された“紅一点”スタイルでもあります。

そんなブルゾンちえみさんが上から目線で放つ「自分から狩りに出ないと男なんてできないと思ってない? じゃあ質問です。花は自分からミツバチを探しに行きますか? ……探さない、……待つの」や、「彼氏にプロポーズされたけど、本当にその彼でいいのか悩んでる? 悩んでるって時点で、もう答えは出てんじゃない? ……女の身体は本物を知ってる」といった恋愛アドバイスにはベテラン世代も「確かに」と納得してしまうのです。

映画は邦画より洋画で、海外セレブのインスタグラムをチェックし、彼らの「やかましさ」が好みという、ツウなウォッチャー。英検2級で現在も英会話教室に通っていて、ネタで使用している『ダーティ・ワーク』を歌うイケメン、オースティン・マホーンからTwitterに届いた英文メッセージにも即、反応。興奮していらっしゃいました。これは、ブルゾンちえみさんが同曲を使用したことによってシングルチャートや動画再生回数が劇的にアップしたからなのです。こうしてファッション、紅一点スタイルの強気な恋愛論、BGMと“ブルゾン効果”は留まることを知りません。

しかし、もっともインパクトがあり、若い女性たちに「カッコイイ」と称賛されているのはヘアメイクなのです。
 厚めのバングスのショートボブは黒髪。カイリー・ジェンナーの「カイリー・コスメティック」が「お気に入り」と言い、もっとも特徴的なのは、目尻をハネ上げた太目のラインと、コーヒーカップやワイングラスに必ずやベッタリ付いてしまうであろうダークレッドの口紅です。実は、お手本は、コシノジュンコ先生で、御本人からのお墨付きもいただいているとか。夢の一つに「化粧品プロデュース」もある「コケティッシュ美人」ブルゾンちえみさんの勢いはまだまだ止まりません。

■25ans 5月号「放送作家 山田美保子の美人コレクター」より

MIHOKO YAMADA

最終更新:4/23(日) 0:10
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年8月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。