ここから本文です

武藤嘉紀、PK奪取で一時勝ち越しも…首位バイエルンに追いつかれドロー

4/23(日) 0:31配信

フットボールチャンネル

 現地時間22日にブンデスリーガ第30節の試合が行われ、マインツはアウェイで首位のバイエルン・ミュンヘンと対戦。両者ともに得点を奪い合い、マインツとバイエルンの試合は2-2の引き分けで終わっている。この試合でマインツ所属の武藤嘉紀はPKを獲得する活躍を見せた。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 試合開始して3分、アルトゥーロ・ビダルのミスを突いたボージャンがチアゴ・アルカンタラも交わして先制点を決める。16分にアリエン・ロッベンの同点ゴールを許したが、40分に武藤がペナルティエリア内でジョシュア・キミッヒのファールを誘ってPKを獲得。

 このPKをダニエル・ブロシンスキがしっかりと決めて再び勝ち越しに成功する。しかし、73分にマインツは中央の守備を崩されアルカンタラに同点ゴールを決められてしまう。結局、マインツとバイエルンは2-2の引き分けに終わった。武藤はフル出場を果たし勝ち点1獲得に貢献している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)